ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タイヤの跡が世界名所に!?驚愕のタイヤアートとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シンガポールのクリエイティブアーティスト、Thomas Yangさんはかなりのサイクリスト。

アートへの愛と自転車愛を合体させた作品「TYRE TRACKS SERIES(タイヤ跡シリーズ)」が海外で話題になっている。

いろいろな自転車のタイヤの模様を生かして、中国の寺院やNYのエンパイアステートビルやパリのエッフェル塔など、世界のランドマークを描いている。

タイヤにペンキを塗り、紙の上を走らせるのだが、ビルや塔の上の細い部分ももちろんタイヤ跡という秀逸さ。

もともと、自転車をモチーフにしたTシャツや画を多くデザインしていたThomasさん。

彼のスタジオ名「100copies」も自転車がモチーフになっている。

公式サイトには彼の自転車愛があふれ出んばかりの作品が多数あり、購入もできるので、自転車好きの人はぜひ見てみて!

100copies
http://www.100copies.net/

アート(まとめ)
自転車(まとめ)

The post タイヤの跡が世界名所に!?驚愕のタイヤアートとは? appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP