ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

正しく歩けば疲れない、むくまない! 「ヒール美人」になるための3ポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫


こんにちは、仁香です。これまで「女はやっぱりヤセぷよ♡」では、基本ウォーキングヒールウォーキングなど、歩きかたの基礎をお伝えしてきました。
今回は、ヒールウォーキングをもっと詳しく教えちゃいます! ヒールを履いても負担になりにくいウォーキングをマスターしましょう。

ヒールの危険から足を守ろう

女性はやっぱり日頃ヒールを履きますよね。ヒールで美脚になろう! なんてたまにありますが、私は違うと思ってます。
ヒールはどうしても脚を疲れさせてむくんでしまうし、足首が硬くなってしまいます。足がきちんと正しい筋肉を使えないと、歪みにもつながります
骨盤が歪むと頭蓋骨まで歪んでしまうので、ヒールを履いて正しくない状態で歩き続けてる人はかなりキケン!

ヒールを履きながら美脚に変身

では早速、ヒールウォーキングをしてみましょう。基本ウォーキングをマスターすれば少し変えるだけで楽にできますよ。

1.基本姿勢をとります。

2.ヒールウォーキングでは、土踏まずからの着地を心がけてください。ヒールだとつま先重心になりがちだから、土踏まずからの着地を意識するだけで違います。

3.体重移動をするときにきちんと腹筋に力を入れて、前傾姿勢にならないように前足から後ろ足へ体重移動し、後ろ足を蹴り上げてヒップ、ハムストリング(太ももの裏)を意識しましょう。
基本ウォーキングからシフトするには、この3点を取り入れていくだけです。簡単でしょ?
いまはスニーカーやローヒールも流行だから取り入れやすいはずだけど、やっぱり私はヒールを履きたい! って人は、このヒールウォーキングをマスターして、足になるべく負担をかけずに美しく歩いてもらいたいです。
若い頃からたくさんヒールやピンヒールを履いて、カラダの調子が悪くなった私ですが(歪みがすごかったです…)、いまは、必要なとき以外はヒールを履き替える習慣にしています。
軽いヒールなしの靴、スニーカー、サンダル、ビーサンなどを、季節に合わせて持ち歩いてます。
足に少しでも負担をかけないことが美しさにつながります。少しの習慣を変えるだけで、美は少しづつ近づいてきますよ!


(グリッティ)記事関連リンク
男性を虜にする、女らしくてかわいいカラダ作りの秘密は、女性ホルモンにあった!
シーン別ウォーキングで、女子の悩みをすべて解決!
痩せた? って聞かれちゃう。歩きかたを直すだけの簡単ながらダイエット

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP