ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地球上で体重60kg 重力が6分の1の月面での重さ10kgは不正解

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 受験勉強で必死に覚えた歴史のはずが、子どもの教科書をめくると、違うものになっていた。源頼朝の顔が変わり、鎌倉幕府は1185年に開かれている。実はここ数年の間に、我々が学んできた内容が次々と覆されている。それは、歴史だけでなく理科でも同じだ。

「地球上で体重60kgの人の、重力が6分の1の月面での重さは?」、正解は10kgではなく、「10〈kg重〉」。このややこしい呼び方に、質量と重さの何が違うのかわからず、その後理数系嫌いになった人もいるだろう。

 重力の大きさを表わす力の単位kg重は、現在ではN(ニュートン)という国際単位に変わった。Nは高校の教科書ではすでに使われていたが、2002年度から中学校でも使われている。

※SAPIO2014年12月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
国語教科書に特定作品が掲載される背景や問題点を指摘した本
ガダルカナル・タカがフライデー事件の真相について語った本
沖縄教科書論争 2社の強制連行と外国人参政権の記述を比較

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。