ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【日本株週間見通し】投開票まで株価上昇の選挙アノマリーも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投資情報会社・フィスコ(担当・村瀬智一氏)が、株式市場の11月17日~11月21日の動きを振り返りつつ、11月25日~11月28日の相場見通しを解説する。

 * * *
 先週の日経平均は下落。週初は7-9月期の国内総生産(GDP、速報値)が年率換算の前期比で市場予想に反して1.6%の減少となったことが嫌気され、一時17000円を割り込む大幅下落に。予想外のマイナスによって景気減速懸念が強まってしまった。しかし、マイナス成長となったことから、景気刺激策への期待が高まる格好となり、翌日には一気に下落部分の大半を埋めてくるなど、下値での年金資金と見られる買いなども観測された。

 GDP発表の翌日に安倍首相は、来年10月の消費税率10%への引き上げ時期を17年4月に延期し、今月21日に衆院を解散する意向を表明。その後、円相場は1ドル119円台に乗せるなか、トヨタ自<7203>など主力株への資金流入が強まっている。衆院解散・総選挙に向けたアノマリーとして、投開票までは上昇が期待されていることも、自律反発の流れが強まった要因。

 政府は21日の臨時閣議で、衆院選の日程を「12月2日公示、14日投開票」とすることを正式に決めた。これにより、今週から3週間の選挙戦に入ることになり、選挙相場の流れが強まることになりそうだ。先週の膠着によって開票日までの上昇といったアノマリーへの期待感はやや沈静化している。しかし、今週は米国では27日の感謝祭から年末商戦が本格化する。足元の経済が好調な米国では、小売企業の好決算も相次いでいる。年末商戦での売上増が確認されてくるようだと、日本株市場への好反応にもつながろう。

 また、今週からJPX400先物の取引が開始される。先物を使ったヘッジ目的の売買も可能になり、利便性の向上でJPX日経400の流動性が増えることが期待されている。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)改革での組み入れが見込まれるほか、企業の高ROE政策へ向かわせた要因でもある。既に手当て買いは積み上がっていると考えられるが、流動性が高まることによって日銀による買入れ対象にもなるため、市場参加者の関心は高いだろう。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
脱ゆとり教育で学習塾ニーズ高まる 関連株は株価上昇も期待
年初来高値更新日経平均株価 今後の展開を3人の専門家予測
米国株、ドル相場 大統領選挙を控え底堅い展開と専門家予測

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。