ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ドル円週間見通し】米インフレ率下ブレなら利上げ先送りも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が、11月24日~11月28日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円は、24日が日本の勤労感謝の日の振替休日、27日が米国の感謝祭休日で閑散取引の中、米国の7-9月期国内総生産(GDP)改定値と日米のインフレ率を見極める展開となる。

 リスク要因は、イスラム国を空爆している有志連合国でのテロの可能性、エボラ出血熱の感染拡大懸念、地政学的リスク(ウクライナ情勢、中東情勢)の緊迫化などが想定される。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による外貨建て資産への投資増額(23%⇒40%)からドルの下値は限定的だと予想される。

【米国7-9月期国内総生産(GDP)改定値】(25日)
 米国の7-9月期のGDP改定値は、前期比年率+3.3%と予想されており、速報値の前期比年率+3.5%からの下方修正が見込まれている。リスクシナリオは、インフレ指標であるコア個人消費支出(PCE)価格指数が速報値の前期比+1.4%から下方修正された場合となり、米国連邦準備理事会(FRB)の利上げ時期の先送り観測が高まることになる。

【日本銀行金融政策決定会合議事録】(25日)
 黒田東彦日銀総裁は、「2回の消費増税を前提に政策決定している」と述べ、10月31日の追加緩和(黒田バズーカ砲第2弾)は、2015年10月の消費増税10%が前提であることを表明した。安倍晋三首相が2015年10月に予定されている消費増税の延期を決定したことで、黒田バズーカ砲第3弾の可能性は低下しており、10月31日の日本銀行金融政策決定会合の議事録への注目度合いは低下している。
 
【米国の10月インフレ率】(26日) 
 FRBがインフレ指標として注視している米国10月のPCE価格指数は、前年比+1.5%と予想されており、9月の+1.5%から変わらずと見込まれている。予想を上回った場合は、FRBの早期利上げ観測が高まり、下回った場合は、利上げ観測が後退することになる。

【日本の10月インフレ率】(28日) 
 日本の10月のコアインフレ率は、前年比2.9%と予想されており、9月の+3.0%からの低下が見込まれている。日本銀行は、消費増税3%(5.0%⇒8.0%)の影響を+2.0%と試算しており、消費増税の影響を排除したインフレ率は、前年比+0.9%となり、黒田日銀総裁のインフレ目標+2.0%から乖離することになる。

 11月24日-28日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(米)7-9月期国内総生産改定値- 25日(火)午後10時30分発表
・予想は、前期比年率+3.3%
 速報値は前期比年率+3.5%で予想を上回った。政府支出の増大と輸出増と輸入減が要因。在庫の積み上げペースが緩んだことはマイナスの寄与となった。改定値では消費と設備投資の寄与度が若干低下する可能性があり、速報値+3.5%から下方修正される可能性がある。

○(米)11月消費者信頼感指数- 25日(火)日本時間26日午前0時発表
・予想は、95.8
 参考となる10月実績は94.5で市場予想の87.0程度を大きく上回った。先行指標となる11月の米ミシガン大消費者信頼感指数速報値は89.4で7年4カ月ぶりの高水準だった。失業率の低下やガソリン価格の下落が要因。11月については失業率の低下などを考慮して10月実績を上回る可能性がある。

○(米)10月耐久財受注- 26日(水)午後10時30分発表
・予想は、前月比-0.6%
 参考となる9月実績は前月比-1.3%。市場予想の+0.6%程度を大きく下回った。民間航空機・関連部品、通信機器の大幅な減少が要因。10月については反動増の可能性があるが、航空機関連の受注次第となりそうだ。

○(日)10月全国消費者物価指数- 28日(金)午前8時30分発表
・予想は、総合指数は前年比+3.0%、コア指数は同比+2.9%
 参考となる9月実績は総合指数が前年比+3.2%、生鮮食品を除くコア指数は前年比+3.0%だった。物価上昇率は鈍化している。10月については、原油価格の下落でコア指数の上昇率は鈍化する見込み。総合指数の上昇率は9月実績と同水準か若干下回る可能性がある。

 主な発表予定は、25日(火):(米)9月S&Pケースシラー住宅価格指数、26日(水):(米)10月個人消費支出、(米)10月PCEコア指数、28日(金):(日)10月失業率、(日)10月鉱工業生産。

【予想レンジ】
・米ドル/円:115円00銭-120円00銭


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
金 消費税込み価格のため5%時に買い4月以降売れば3%利益
政府宣言のデフレ脱却 実態は悪いインフレが起きているだけ
経済成長率目標が達成できぬとハイパーインフレの可能性あり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP