ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蛤ダシが絶品!鶏と魚介のトマト鍋

DATE:
  • ガジェット通信を≫

誰でも簡単に作れて、それなりの味にはなるのが鍋。しかし、市販のスープで作る鍋にちょっと飽きてきた人もいるのでは? そこで料理研究家の小崎陽一さんに「魚介を使った、ちょっと贅沢な鍋」という注文で、R25オリジナルレシピを考えていただいた。小崎さんが提案してくれたのは「鳥と魚介のトマト鍋」。全体がほどよく調和しつつ、素材それぞれの味、食感が活きた味わい深い鍋だ。
「自然に出汁の出る鶏肉や魚介類をたっぷり使って、おいしさをまるごと食べる贅沢な鍋。味付けに加えた調味料は塩ひとつまみだけ。一見、むずかしそうですが、味付けの失敗知らずで、お肉と好きな魚介を入れれば、こんなにおいしくなる、と実感できる鍋です。彼女に振る舞うときは『鍋の素も使わず、自然の素材のみで作ったんだよ』と言えば、より感動されるはず!」(小崎さん)
では、早速作り方をご紹介!

【大きな図表や画像をもっと見る】

◎「鳥と魚介のトマト鍋」レシピ
●材料(4人分)
・鶏手羽先 8本
・鶏もも肉 1枚
・ニンニク 1片
・たまねぎ 100g
・セロリ 1/2本
・水 1200ml
・白ワイン 300ml
・はまぐり 4個
・じゃがいも 1個
・有頭エビ 4本
・イカ 1杯
・ホタテ貝柱 4個
・牡蠣 4個
・トマト 中2個
・しめじ 1パック
・キャベツ 1/4個
・生バジル 適量
・塩 ひとつまみ

●作り方
1・鶏もも肉は一口大に切り、たまねぎ、セロリは薄く、じゃがいもは厚めにスライスする
2・鍋に水・白ワイン・ニンニク・鶏肉をすべて加え、火にかける。たまねぎ・セロリ・塩を加え、沸騰したら弱火にして(※1)、アクを取りながら30分程煮込む
3・煮込んでいる間に、エビは背わたを取り、イカは1cm幅の輪切りにする。牡蠣はさっとゆでて冷水で汚れを落としておく。トマトは湯むきして(※2)8等分に切り、しめじとキャベツは食べやすい大きさに切る
4・じゃがいもを加えて5分加熱し、さらにはまぐりを加えてふたをし、5分加熱する
5・バジル以外のすべての材料を加えてふたをし、5分加熱したら最後にバジルをちぎって加え完成!

*シメには、残ったスープにパスタを半分に折り入れてスープパスタに。パルミジャーノ・レッジャーノとエキストラバージンオリーブオイルをまわしかけるとさらにおいしさアップ!

※1:鍋が沸騰した後、ぐらぐら煮立たせてしまうと味に雑味が出る。弱火を保てば、素材ごとの旨みをより味わえる
※2:切り込みを入れたトマトを沸騰したお湯に5秒入れ、氷水にさらすと皮がペロンときれいにむける

取材・文/岡本のぞみ(verb)
(R25編集部)

蛤ダシが絶品!鶏と魚介のトマト鍋はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

絶品!「土鍋スイーツ」5選
女性が喜ぶ「変わり鍋」TOP10
つまみからおかずへ。簡単展開レシピ
女性受けの良い「男の料理」とは?
服部幸應直伝!温めておいしい果物

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP