ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キャベツ大盛りダイエット鍋の魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あれもこれもと具材を入れて、ついつい食べ過ぎてしまうのが鍋の欠点(?)。カロリーのとりすぎは気になるけれど、満腹になったときの幸福感のために大盛りはやめられない…。そんなあなたは、料理研究家の五十嵐豪さん考案の題して「キャベツ大盛りダイエット鍋」を作ってみてはいかが?
「『大盛りダイエット』とは、五感の刺激により、低カロリー・低塩分・低脂質でも満足できるよう考えたアプローチです。見た目のボリュームと色彩で視覚、旨みで味覚を刺激し、低塩分でも満足度が高い仕立て。他にも、エビ、三つ葉の風味で嗅覚、切り干し大根を噛み切った音で聴覚、同じキャベツでも煮え具合の差で歯ごたえを変え触覚を刺激しています。ぜひ、試してみて!」(五十嵐さん)
では、早速作り方をご紹介!

【大きな図表や画像をもっと見る】

◎「キャベツ大盛りダイエット鍋」
●材料(4人分)
・鶏むね肉 500g
・醤油(鶏むね肉用) 大さじ1/2
・ゴボウ 2/3本
・キャベツ 1/2玉
・トマト2個
・三つ葉 1/2束
・水 700ml
・切り干し大根30g
・桜エビ 5g
・塩昆布 10g
・醤油 大さじ1と1/2
・おろしニンニク 小さじ1/2
・ラー油 小さじ1
・塩、こしょう 適量

●作り方
1・ゴボウはささがきにして酢水にさらし、キャベツと三つ葉はざく切り、トマトはくし切りにし、鶏むね肉は一口サイズに切って醤油をもみ込む(※1)
2・鍋に水・桜エビ・塩昆布・醤油・おろしニンニク・ゴボウを入れて強火にかけ、煮立ったら、鶏むね肉・半量のキャベツ(※2)・切り干し大根をそのまま加えて弱めの中火で10分煮る
3・残りのキャベツとトマトを加えて3分ほど煮て、キャベツに軽く火を通したら、塩・こしょうで味をととのえる。仕上げに三つ葉をのせ、ラー油をかけたら完成!

*シメは、硬めに炊いたごはんを入れてあまり煮ずに。よく噛むことで食べ過ぎを防止します

※1:鶏肉に醤油をもみ込むことで肉の臭みが消え、安く買った肉もワンランク上の味わいに。牛肉や豚肉にも応用可能だ
※2:キャベツは2回に分けて入れ、食感の違いを楽しもう。先に入れたものも火の通りは歯ごたえが残るくらいに

取材・文/岡本のぞみ(verb)
(R25編集部)

キャベツ大盛りダイエット鍋の魅力はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

絶品!「土鍋スイーツ」5選
女性が喜ぶ「変わり鍋」TOP10
つまみからおかずへ。簡単展開レシピ
女性受けの良い「男の料理」とは?
服部幸應直伝!温めておいしい果物

カテゴリー : グルメ 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP