ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

かつて靴用と間違えられたニベアの青缶 世代を超えヒット中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 マドンナ(56才)など、世界中のセレブ御用達のフランス製超高級クリームと、庶民派クリームの代名詞『ニベアクリーム』(約250円/56g)の成分が似ている!…と、ネットで騒がれたことを記憶している人も多いはず。

 時代は変われど、ずーっと昔からドラッグストアはもちろん、スーパーにも置いてある庶民派スキンケア商品。プチプラ的お手軽価格も魅力ながら、その根強い人気には、知って納得!の理由があったんです! そして、ニベアの中でも今、『ニベアクリーム』青缶の売り上げが急激に伸びている。

 実は『ニベアクリーム』はドイツ生まれ。1911年にドイツのバイヤスドルフ社の皮膚科学研究所で産声をあげ、日本に入ってきたのは1968年。今年で46才、かつては「一家に一缶」が当たり前だった、昭和を代表するスキンクリームだ。

「現在約200か国で販売されていますが、日本の販売個数は世界で3番目。発売以来の累計個数は2億個を超えています。ちなみに“ニベア”とは、ラテン語のNIX(雪)、NIVIS(雪)の単語から命名したもの。“雪のような白さ”を表しています」(ニベア花王 マーケティング部 シニアマーケター・菅原綾子さん 以下「」同)

 想像を絶する人気商品だが、果たして発売当初から日本人に受け入れられたのだろうか。

「発売当時はスキンケアという言葉自体、まだ珍しかったので、初めて使用する人々は興味津々だったようです。缶入りという見た目から、靴用のクリームと間違えられたエピソードも(笑い)。

 しかし、『ニベアクリーム』のユニークな商品特性は瞬く間に消費者に受け入れられ、日本で発売開始から5年で、メジャーブランドになったという記録が残されています」

 保湿力、使いやすさ、安心感などスキンケアとしての評価もさることながら、身近さも多くの人々から支持されている要因のようだ。

「“成長とともにいつもそばにあるブランド” が、『ニベアクリーム』ならではの人気の理由の1つ。子供の頃に母親に“ニベア”を塗ってもらったその記憶が、“母の深い愛情に守られていた”という感覚に結びついています。

 自分も母親になったら子供に『ニベアクリーム』を塗って守ってあげたいと思うようになり、それが親子間の愛情の結びつきを固くする…。そうして世代を超え、引き継がれたと考えられます」

 皮脂の分泌が減り、肌の乾燥がひどくなる更年期以降には、むっちりとしたテクスチャーも魅力だ。

「1つで全身のケアができる。コンビニやドラッグストア、スーパーなどどこでも買えて、家族でシェアできるワンコインクリーム…こうした評価がロングセラーを支えているのは事実ですが、人の肌本来の天然皮脂膜に含まれる成分(スクワラン、ラノリンアルコール)の類似物が肌を保護する効果があることも注目されています。皮脂の分泌が減少する40代~50代の女性の肌には適しているといえるでしょう」

※女性セブン2014年12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ニベアクリーム “最強のスキンケア”と評判で売り上げ急増
CM観て気になる!波瑠のスラリと伸びた白い美脚を撮り下ろし
化粧品メーカー社員が教えるコスパ最高商品とサンプル入手法

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。