ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無職経験の杉村太蔵 TVの仕事できているのは「家内のおかげ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

《彼女と結婚できたことは、ぼくの人生最大の儲けです》

 元衆議院議員でタレントとして活躍する杉村太蔵(35才)。話題を集めている初の著書『バカでも資産1億円「儲け」をつかむ技術』の中で、妻についてそんなふうに綴っている。

 同書は、時給800円の清掃員から外資系証券マン、国会議員、タレント、そして実業家の道を歩む中で杉村が実践してきた大逆転の法則を綴ったもの。参議院議員選挙に落選した後からわずか4年で資産1億円を築くことができた秘密を明かしている。

 そんな彼の波乱の半生に欠かせないのが妻・文さん(33才)の存在だ。同書では文さんについても綴り、幾度となく感謝の言葉を述べている。 杉村がバッシングされた時、選挙に落選した時、無職の時、そして今も、ずっと普段通り変わらず寄り添い続けている。本誌は今回、そんな最愛の妻について杉村に聞いた。

 今でこそ『サンデー・ジャポン』(TBS系、以下サンジャポ)や『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日系)、『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)など数々のテレビ番組で活躍する杉村だが、将来に不安を感じずにはいられない時期があった。2010年7月、参議院議員選挙に比例代表で出馬、落選して無職になった時だ。

 選挙まではスケジュールで真っ黒になるほど埋め尽くされていた手帳が一転、真っ白に。朝起きてからすることといえば、新聞を隅々まで読むことくらい。一日中家に引きこもる日々が続いた。

 当時は妻と3才だった長女と3人暮らし。選挙で自己資金を使ってしまっていたこともあり、家族を養うために仕事をしなければならない状況だった。自分に何ができるのだろうか? 自問自答の日々が続いた。そんな杉村を文さんは「ゆっくりできていいんじゃない」と労ってくれた。

「家内は決してぼくを責めることがありません。夫が仕事をせずにずっと家にいるんですから、内心はつらかっただろうと思います。でも、そんな時であってもいつも通り接してくれる。それは議員時代にバッシングされた時からまったく変わりません」(杉村・以下「」内同)

 サンジャポから出演依頼の電話があったのは、まさにそんな人生ドン底の時だった。だが、当時の杉村はそのオファーを素直に喜ぶことができなかったという。テレビに1度出演したからといって、家族を養える糧にはなりえないことがわかっていたからだ。ところが、文さんは違った。

「電話のことを伝えると、『パパ、スゴいじゃない! 出たほうがいいよ。パパに絶対合う番組だと思うから』と後押ししてくれたんです。それで記念に出演することにしました。その出演を機にバラエティーの仕事をいただくことになったのです。今ぼくがテレビの仕事をできているのは、家内のおかげとしか言いようがありません」

※女性セブン2014年12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
4年で資産1億円築いた杉村太蔵 1000万円ジャガー購入の狙い
著書出版の杉村太蔵 「印税はすべて日本株に投資します!」
株で4000万円超儲けた杉村太蔵「儲けたい人は株をやるな」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP