ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲーム実況で夢を叶える!ニコ動で大人気、M.S.S.Projectが実況配信を始めた理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CMも流され始めたことで、HikakinやChikaなどのYouTuberたちがにわかに注目を集める今日このごろ。一方、「やってみた」「歌ってみた」などの実況系コンテンツも、相変わらず多くのユーザーが動画を発信中。「ゲーム実況」もその1つといえるだろう。

日本だと「最終兵器俺達」、海外では「ピューディパイ」など、ゲーム実況を行う人、集団は世界中に。2000年代末にニコニコ動画が流行りだしてからは、「M.S.S.Project(MSSP)」がニコ動コミュニティで29万人の参加者を集めるなど、高い人気を誇っている。

たとえば、こんな実況動画が、多くのユーザーたちから閲覧されている。

【動画】http://www.nicovideo.jp/watch/sm24878292
【ニコニコ動画】【Destiny】実況!アホ新参兵と天然隊長の戦闘日記!週刊ナイトフォール編

【動画】https://www.youtube.com/watch?v=4rbDWo74RH8

「メタルギアソリッドV」の動画では、切羽詰まると敵の死体を持ったまま暴走する、などイミフな行動もしてしまうMSSPのFB777氏。たしかに小中学生のころ、友達の家に集まってゲームをすると、こんなひょうきんなことやる奴いたなぁ……。
「実況といっても、解説したりしていないんです。(僕らは)ひたすらテンションを上げて盛り上がるタイプ(笑)」
以上は、プレイステーションオフィシャルサイトに掲載されている、FB777氏本人のコメントだ。なるほど、お茶の間で、みんなでゲームを楽しんでいる感覚が、ネットユーザーたちに受け入れられているといえそう。

MSSPは、FB777氏のほか、KIKKUN-Mk-Ⅱ氏、あろまほっと氏、eoheoh氏の4人で構成。FB777氏とKIKKUN-Mk-Ⅱ氏は、音楽の専門学校で出会ったというが、もともとは自分たちの曲を発信するために、ゲーム実況を始めたのだとか。

「『音楽をアップするまでのつなぎで、とにかく(ゲーム実況の)配信というものをやってみよう』と思って始めたんです。でも、やってみたら面白くなっちゃった(笑)」(FB777氏、同サイトより)

そして、ニコ動で多くのファンを惹きつけただけでなく、YouTubeでもチャンネル登録数2万7000以上、Twitterではメンバーそれぞれのアカウントが10万人以上のフォロワーを獲得するなど、現在は多くのネットユーザーからの支持を集めている。また、もともと持っていた音楽の夢も実現し、今年3月には渋谷公会堂で単独ライブも開催。ただ、そこでも最初はサンドゲーム「マインクラフト」の実況を行うなど、ゲーム実況と音楽を織り交ぜた点は、彼ららしいといえるだろう。

夢を実現し、自らのキャラクターを確立したMSSP。同サイトにはKIKKUN-Mk-Ⅱ氏による「ほんの数年前だったら夢にも思わなかったことを実現してくれたゲーム実況って、本当に偉大です!」とのコメントも掲載されている。この言葉は、今、ゲーム実況が持つ熱量の高さを表しているといえるのではないだろうか。PlayStation(R)4からはプレイ動画を配信できるSHARE機能も搭載されているし、特別な設備がなくてもゲーム実況ができる。これからゲーム実況者が増えて、楽しいコンテンツがより溢れるだろうから、この業界……要チェックである!

【関連リンク】
・友人とゲームしていたらネットのスターになった人気ゲーム実況ユニットM.S.S Project(プレイステーションオフィシャルサイト)
http://www.jp.playstation.com/cp/topics/2014111701.html
・M.S.S Projectコミュニティ(ニコニコ動画)
http://com.nicovideo.jp/community/co212608

関連記事リンク(外部サイト)

『リーガルハイ』スペシャル放送決定 「古美門研介の名珍言」で振り返る名場面集
メッシを獲得するには最低でも370億円!世界中で払えるクラブチームは?
人気コピーライターが作った子供向け絵本「ぞうぼうし パオ」はビジネスマンも必読の一冊
ランドセルはこうして作られる・・・「天使のはね」を支えるセイバンの職人達がカッコいい
「かわいい男が好き。でもつきあいたいとは違う」ミス埼玉大学 甲斐晴菜クン

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP