ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スピリチュアルマスター今年のブレーク 本人が予言していた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ついに予約客が1万人を超えた“ムロケン”こと喫茶店のスピリチュアルマスター・室井健助さんの霊視相談。本誌取材をきっかけにプライベートで予約を入れる芸能人が後を絶たず、あらためてムロケンの霊視の力に驚かされるばかり。今回は彼が「どう視えているのか」について聞いた。

――今や鑑定が16か月待ちとなったムロケンだが、テレビに出る前から政財界の重鎮や経済界の億万長者、芸能人が通う“駆け込み寺”として、知る人ぞ知る存在だった。客のなかには“その道のプロ”ともいえる、医師や占い師も少なくないという。

室井:お医者さんも占い師さんも多いですよ。それぞれ月に20~30人はいらっしゃいます。お医者さんからは「ぼくの病気わかりますか? いつ治りますか?」なんて聞かれることも。今日も数人いらっしゃいましたけど、「がんのステージ3ですね」と言ったら「ホントに当たってます!」と驚かれました。

 当てるのは朝飯前なんですが、少し複雑な気持ちになりますね。医師であるご自身が、いつ治せるのか自信がないうえ、“副作用が怖いからぼくは薬はのまない”なんて言う人もいたんですから。患者に薬を処方しておきながら、自分はのまないなんておかしい。

 立派なお医者さまもいらっしゃるのに、ごく少数の人のせいで医師の信用が失われちゃうんですよ。医師の風上にも置けませんよね。

――占い師の場合は、“自分のことがわからない”という人が大多数だという。

室井:たしかによくない未来が視えてしまったらどうしよう、という怖さはあるとは思います。でも、本物だったら視えるのが当たり前。「あなたも占い師なら、2~3分だけでもぼくのことを視てみてください」と言うと、「先生がすごすぎて視えません!」って逃げられてしまう。「この程度のことを視られずに鑑定料5万とか10万とかを取っていたらバチが当たるよ」って思わず言いたくなりますよ。ぼくは自分のこともしっかり視えていますよ。

――実際、今年のブレークも本人が予言していたという。

室井:東日本大震災の前に、続けて、妻の両親が亡くなって、お墓を建てるためにまとまったお金が必要だったんです。当然の出費だから、ぼくは平気だったんですけど、妻は気にしていたんですよね。だから「2014年の3月以降テレビ出演が多くなって、それが終わるころに雑誌の取材が来るから大丈夫だよ」と伝えていたんです。

――その言葉通り、それまで不定期だったテレビ出演が急増したのが4月。本誌が初めて取材をしたのは6月のことだ。

室井:欲をかかず、目の前の仕事を一生懸命やると、あとから人もお金もついてくるんです。視える力もどんどん増しているように感じます。

※女性セブン2014年12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『八重の桜』出演の歌舞伎界プリンス 服装は祖母の意見聞く
JJYのジュンスの双子の兄JUNO プロ野球選手目指していた
2013年本屋大賞ノミネートされて映画化も決まった名作が文庫化

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP