ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小学校の給食に「納豆」が出る!納豆王国・水戸の変わり種メニュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「納豆」の本場といえば、茨城県水戸市。昨年度、総務省が発表した家計調査で、1世帯あたりの納豆購入料が全国1位となった。実は日本一となったのは7年ぶりで、それまで2~4位に甘んじていたというほうが不思議な気もする(この間、トップは福島市と盛岡市だった) 。 
水戸では、この“トップ奪還”がよほどうれしかったのか、JR水戸駅南口に大きな垂れ幕が掲げられていた。ちなみに、近くには「水戸の納豆記念碑」もある。

 この水戸では、小学校や中学校の給食で、納豆が出てくるのが当たり前。他の地域だとにわかに信じがたい人もいるかもしれないが、地元の人曰く「ごくふつうですよ」とのこと。
納豆がごく身近で食べられる。給食だけでなく、たとえば、居酒屋に行っても、おそらく茨城県民以外には珍しい「納豆メニュー」が並ぶ。水戸市で人気のお店『酒趣(しゅしゅ)』に行ってみた。
納豆チャーハン、納豆茶碗蒸し、納豆おろしとお餅の揚げ出し、かつおだしで食べる納豆オムレツ・・・・・など、納豆料理がズラリ。その中から「納豆唐揚げ」をオーダーしてみた。

 ほどなく運ばれてきた納豆唐揚げ。見た目は、ミートボールのような形で揚げてある。そして、箸で中を開けるとすぐ、納豆がグニャッと出てきた。もし納豆好きならたまらない瞬間かもしれないが、納豆嫌いなら思わず目を背けたくなる・・・・・かも。
そして、納豆唐揚げの味は「そのまんま納豆」で、納豆特有の粘っこさは揚げても健在だった。タレがついていない分、塩をかけるとよりおいしかった。
お店によると、あらゆる納豆料理を注文し、「納豆フルコース」を味わうこともできるという。本場で味わう変わり種納豆メニューの数々、あなたもトライしてみてはいかが?


 【参考】水戸市が納豆購入額「日本一」に返り咲きました(水戸市)http://www.city.mito.lg.jp/001433/003462/p013538.html
【Nicheee!編集部のイチオシ】
納豆好きにはたまらない!入場無料の「納豆博物館」に行ってみた
茨城空港で味わえる!絶品「しょぼろ納豆そば」
太りやすいと感じている人に注目の成分とは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。