ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Technics、2015年にハイレゾ音源ダウンロードサーヴィスを欧州で開始へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

Technics、2015年にハイレゾ音源ダウンロードサーヴィスを欧州で開始へ

パナソニックのオーディオブランド「Technics」が2015年1月に英国とドイツでハイレゾ音源ダウンロードサーヴィスを開始することが明らかになりました。

新たなサーヴィスの名称は「Technics Tracks」。192kHz/24ビットFLACと44.1kHz/16ビットオーディオ形式の2種類のフォーマットで、オーディオ好きなユーザー向けに音源を提供します。サーヴィスには、Mac、PC、iOS、Androidでアクセスができます。購入した音源はクラウド上のロッカーに保存され、複数のデバイスで再生が可能になるとのことです。

Technics Tracksはイギリスに拠点を置くデジタル音楽プラットフォーム「7digital」が開発を担当。

Technicsのヨーロッパ地域ブランド戦略のトップを努めるデヴィッド・プリース(David Preece)は、

「Technics Tracksは全てが揃った総合的な高音質オーディオ体験を消費者に届けるための重要なツールになるでしょう。私たちは、リスナーが我々のオーディオ機器を用いて好きな音源を再生し、本物のハイレゾ音源を体験した時に起きる、これまでにない驚きによる独自のエモーショナルな体験を熟知しています。」

とコメントしています。

ロックアーティストのニール・ヤングも独自にハイレゾ音楽プラットフォーム「PonoMusic」を開発するなど、ハイレゾ音源を活用した同様のサービスは増えています。

■記事元http://jaykogami.com/2014/11/9975.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP