ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウォール・ストリート・ジャーナル、LINEに日・英二つのアカウントを開設しニュース提供―国際メディアでは初

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ウォール・ストリート・ジャーナル(以下、WSJ)は、LINE株式会社が運営する無料通話・無料メールアプリ『LINE』に日本語及び、英語による2つの公式アカウントを11月20日開設した。
LINEを通じて日本語でニュース提供を行うのは、国際メディアとしてはこれが初という。

【関連:「14106」「724106」―LINEを通じ再燃の兆し?『ポケベル用語』】


 LINEユーザーはWSJのアカウントを友達登録することで、WSJのおすすめ記事をピックアップしたメッセージを受け取り、また、WSJ公式LINEアカウントのホームページより、記事に関するコメントも書き込めるようになる。

 WSJの電子版エディター、アダム・ナジュバーグ氏は「当社では、革新的な手法を活用しながら、読者との関係構築に取り組んでおり、この度、国際メディアとして初めて、英語に加え、日本語によるLINE公式アカウントを開設できたことを嬉しく思います。」とコメントしている。

 日本語版IDは@wsjjp、英語版IDは@WallStreetJournal。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP