ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なぜ自分のニオイは気づかないの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

帰宅中、電車内で隣のサラリーマンの口からニオイが…。「ニンニク料理を食べたな!」と、他人の口臭はすぐに気になるもの。でも、自分がニンニクを食べたときは、あまり気にならない。いったい、なぜ? 鶴見大学歯学部教授の斎藤一郎先生に聞いてみました。

●口臭の原因&対策を伝授!

【画像や図表を見る】

「自分の口臭に自分で気づかないのは、“鼻の慣れ”のせいです。人間の鼻は、体の中から立ち上っている自分の口臭をずっとかいでいますから、食後にニンニク臭を感じたとしても、少しすれば変化に気づかなくなってしまうのです」

なるほど、口にニオイが残っていても、鼻が慣れてしまって感じないんですね。そもそも、口臭はどうして起きるのでしょうか?

「ニンニクやニラなど、香りの強い食べ物が胃で消化されきれずにニオイを発しているケースもありますし、口の中で増えた雑菌が死んで腐敗したニオイが口臭の原因になることも。健康な口の中には常に様々な菌が棲んでいますが、虫歯や歯周病などの病気になると、それらの原因菌が増加。歯磨きを怠ったり、歯ブラシでは届かない場所に菌が棲んでいたりすると、やがて死んで腐敗してしまうのです」

また、口臭と関わりの深い唾液には抗菌効果があり、口の中を健康に保つには必要不可欠という。しかし、唾液は自律神経の影響で、緊張や強いストレスによって分泌されにくくなる。つまり、雑菌が増加するのです。

なんと! ストレスを抱えたビジネスマンは、口臭の原因まで抱えがちってことですか。ただ、自分が口臭を放っていたとしても、自分では気がつきにくいんですよね。どうやってチェックしたら?

「舌を見るとすぐに分かりますよ。口臭があるときは、うっすらと苔が生えたように見えます。また、就寝中は菌が増えやすいため、朝起きたときに口がネバネバして不快感がある人も要注意です」

虫歯や歯周病による口臭は病院で治療するしかないとしても、舌も含めて毎日歯磨きをする習慣はつけたいものです。

そういった習慣に加えて気を使いたいのが、ニンニクやアルコールなど食べたものが原因でおこるニオイ。日々ありがちな口臭だけに、いつでも手軽に対処できるものが欲しいですよね。そこでオススメなのが、お腹の中から息をリフレッシュしてくれる“ブレスケア”。

ランチに食べた餃子のニンニク臭や前日のアルコールのニオイが気になるときはもちろん、クライアント先に行く前や大勢の前で話すプレゼンなど、他人と接する機会が多いビジネスマンにとって、ニオイのケアは最低限のマナー。ポケットやカバンからいつでも簡単に取り出せ、口に入れるだけでお口とお腹からのニオイをしっかりケアする“ブレスケア”は便利なマストアイテム! 他人に不快な思いをさせないためにも、まずは自分の口臭を疑うことからはじめてみよう。

現在、「噛むブレスケア マジックミックス」の発売を記念してWキャンペーンが実施中! 「噛むブレスケア マジックミックス」を実際に試して2つの味の組み合わせを当てるものと、“ブレスケア”で食べてみたい味の組み合わせを投票するものの2つ。ぜひチャレンジしてほしい!

(R25編集部)

なぜ自分のニオイは気づかないの?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

厳選!名店の「お取り寄せ鍋」7選
美味い!世界の絶品ご当地鍋10選
古今東西ごった煮!鍋トリビア8選
中村静香「理想の鍋デートは…」
蛤ダシが絶品!鶏と魚介のトマト鍋

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP