ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファミレスも注目の「ちょい飲み」 アフター5の風景変える

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ちょい飲み」ブームにファミリーレストラン業界が注目している。業界最大手のすかいらーくが展開するガストではグラスワインが106円(限定約170店で実施中)。

「税抜き99円グラスワインはサラリーマンのお客様のみならず、昼間に利用される主婦グループの方々にも好評です」(広報担当)

 生ビールの中ジョッキ(449円+税)が2杯目から税抜き価格で50円引きとなるサービスは、期間限定の予定を延長して現在も実施中だ。

 また、ガストではボトルで麦焼酎(180ml、499円+税)もしくはワイン(デカンタ、399円+税)を注文すると、100円+税の追加でドリンクバーを利用できる(限定約420店舗で実施中)。

「ウーロン茶やカルピス、炭酸水などで焼酎・ワインを割り、オリジナルのカクテルを作れます」(同前)

 ライバルのサイゼリヤではグラスワインが93円+税、ボトル(1500ml)が1000円+税。「アルコールメニューの売り上げが5年ほど前から毎年10%以上伸び続けている」(広報担当)といい、居酒屋より低い価格帯で競争を繰り広げる。

 一方、バーミヤンは「焼酎のボトルキープ」を打ち出す。黒霧島、いいちこのボトル(900ml、700ml。いずれも1249円+税)が2か月間キープできる。

 取材に訪れた品川店では名札のついたボトルが100本以上、棚に並んでいた。午後7時過ぎには満席となり、近くのオフィスビルが職場だというサラリーマン4人組の一人はこう語った。

「もともと酒を飲むための店じゃないから、飲まない人と一緒に来ても気を遣わずに済みます。あと、店内が明るくて飲み過ぎ防止につながるのがいいですね」

 アフター5の風景が確実に変わりつつある。

※週刊ポスト2014年11月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ガストの「ファミ飲み」 赤ワインとドリンクバーを両方頼む技
「飲み」に強いサイゼリヤ ボトルワインは持ち帰りも可能
ベルギービールの注ぎ方日本一の「美しすぎるバーテンダー」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP