ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年末ジャンボ「1年おきに億当せん」の法則ある売り場が存在

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャンボ史上最高額の1等・前後賞合わせて7億円が当たる年末ジャンボ宝くじの発売が、ついに11月21日にスタートする。当せんに向けて重要なのはなんといっても売り場選び。そこで、今年の年末ジャンボで高額当せんが期待できる“ジンクス”を持つ売り場を発見した。

 岩手・JR盛岡駅から東へ徒歩約10分。北上川にかかる『開運橋』を渡ってしばらく歩いたところにある『盛岡大通商店街』。青果店やカフェ、美容室などが立ち並ぶ商店街の中を進んでいくと、突然目の前に真っ赤な鳥居が現れる。

 賽銭箱や狛犬も置かれているものの、ここは神社ではなく『宝くじ神社大通本店』というれっきとした宝くじ売り場。年末ジャンボ宝くじを買う前に、本誌が自信を持ってオススメしたい売り場のひとつだ。

 1995年の年末ジャンボで1等・前後賞合わせて1億3000万円。翌1996年の年末ジャンボでも1等・前後賞合わせて1億5000万円。さらに1999年のサマージャンボで1等・前後賞合わせて3億円など県内でも随一の当せん実績を誇る。

 その後も、ジャンボに限らずロト7で2等約7000万円を出しているが、その名が宝くじファンの間で知れわたったのには、こんなワケがあった。

「2010年に、売り場に掲げるポスターを新しくしようと過去の当せん実績をまとめなおしていたところ、不思議なことに2006年から1年おきに億当せんが出ていることに気づいたんです」(同売り場運営会社の鎌田美佳さん)

 確かに、同売り場では2006年のドリームジャンボで1等・前後賞合わせて3億円。2008年の年末ジャンボで2等1億円。そして2010年に、ドリームジャンボで2等1億円が出ている。

「それから“うちの売り場は2012年にまた億当せんが出るわよ”って販売員やお客さんに言ってたんですよ。すると宣言通り、2012年のサマージャンボで1等・前後賞合わせて5億円が当せん。さらにその年の年末ジャンボでも1等・前後賞合わせて6億円が出たんです」(前出・鎌田さん)

 同売り場では、今年これまでに行われた4つのジャンボで、まだ億当せんは出ていない。“ジンクス”が本物なら、年末ジャンボが最後のチャンスかも!?

※女性セブン2014年12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年末ジャンボ宝くじ 十の位と一の位の合計6の組が狙い目か
宝くじの売り上げは46%が当せん金 40%が収益金
宝くじの億当せん・総額21億円当たった静岡の売場に県外客も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP