体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知らなかったウクライナのクリスマス! まるでファンタジーのような昔話の世界へ

ukraine01

ここ最近ウクライナ人は、国や家族のために、今まで以上に一生懸命頑張って仕事をしています。そのため、1日、そして1カ月、数カ月が「まるで一時間」のように感じます。

でも嬉しいことに、ウクライナには1年に数日間だけ「ストレス」から逃れられる祭りがあります。クリスマスがそのひとつです。

今回は、ウクライナ人にとって1年のなかでもっとも重要な「家族と過ごすクリスマス」について書きたいと思います。

uk5 ukraine07

・グレゴリオ暦のクリスマス
皆さんに質問があります。ウクライナのクリスマスはいつだと思いますか? 12月25日ではありません。

正解は1月7日です! スラブ人(ウクライナ人、ベラルーシ人、ロシア人など)は、グレゴリオ暦の1月7日にクリスマスを祝います。

ukraine10 ukraine15

・星はキリストが生まれたサイン
まずはじめに、ウクライナのクリスマスはどんな感じなのか解説しましょう。1月6日はクリスマスイブです。

この日、ウクライナ人が朝から何も食べず、夜は一番星を見てから食事をします。その星はキリストが生まれたというサインで、それを見てから、ウクライナ人がお祝いはじめるのです。

ukraine08 ukraine09

・伝統的なクリスマス料理
1月6日の夜は、一日をかけて12種類の料理を作って食べます。

12種類の料理のなかにはKutia(クチャ)という伝統的なクリスマス料理があり、夕食のメインディッシュになります。

ukraine06 ukraine02

・野菜料理がメイン
中には小麦や胡桃、芥子、蜂蜜、干しぶどうが入っています。作り方はすごく簡単です。小麦と芥子を柔らかくなるまで煮て、残りの材料を細かく切って混ぜるだけです。

日本のクリスマスは、フライドチキンや肉料理を食べことが多いと思います。ウクライナのクリスマス料理は、先ほど紹介したKutiaもふくめ野菜料理がメインとなります。

1 2次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。