ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性に大人気 目にも新しい白いカレーうどんが頂ける蕎麦店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月13日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)では「不思議で絶品!謎の“隠れグルメ”」と題して、リポーターの宮脇理恵子さんが、恵比寿にある「酒彩蕎麦 初代」(東京都渋谷区)を訪れた。

 デザイナーが手掛けた落ち着いた店内は女性客が多い。「初代の白いカレーうどん」(1026円 税込み)は、ほとんどの来店客が注文するという。名の通り見た目は白く、カレーうどんが白いフワフワとした生クリームのようなものに覆われている。フワフワの正体はジャガイモのムース。ジャガイモをふかして裏ごしし、だし汁や生クリームなどを加え、よく混ぜ合わせて作られる。ムースの下に隠れているカレーうどんは、コシの強い自家製の手打ち麺を使用し、カレーは20種類の香辛料を使って6時間煮込んだこだわりの味だ。

 「初代の白いカレーうどん」を食べに大阪から来店した女性客は「めっちゃ有名やし来たかったんで大満足です」と笑顔で話した。宮脇さんは「ジャガイモの泡によってとってもまろやかになって、うどんの麺もコシがあって、これはおいしい」と評した。

■話題のお店に追加取材■

 同店は、カレーうどんに特製ムースをのせた名物「初代の白いカレーうどん」が各メディアに取り上げられている話題店。店内ではカウンター越しに、有名店で修業した職人がそばやうどん打つ姿を見ることができ、味覚だけでなく視覚でも楽しめる。

 メニューは、こだわりのそばやうどんのほか、新鮮な鴨をさっとあぶって薬味と一緒に味わう「鴨刺」(842円 税込み)や、だしの効いた特製あんかけが魅力の「そば屋の粋な揚げ出し豆腐」(787円 税込み)など、お酒各種と相性抜群の一品料理もそろう。

 季節の食材を味わう天ぷらも同店の自慢。今の季節に使う食材についてお店の方に尋ねると「(この季節は)サツマイモ、マイタケ、ハス、カボチャ、マッシュルーム、ギンナン、ナス、甘長唐辛子、柿をお出ししています」と教えてくれた。天ぷらは、大島の塩、広島の藻塩、沖縄の塩、新潟の塩、フランスの塩、パキスタンの塩など、6種の塩で味わうことができる。

 団体での利用は、「芽ひじきと新ごぼうのサラダ」「季節の豆腐」「焼味噌」「蕎麦寿司」「お造りの4種盛り合せ」「大和芋と鶏の水炊き」「天ぷら盛り合せ」「そば切り」の8品が付いたコースが1人3240円(税込み)とお得なので、落ち着いた雰囲気で会食をしたいときにおすすめだ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:酒彩蕎麦 初代 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:恵比寿のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:恵比寿×和食のお店一覧
ガッツリなのにヘルシー! 連日大行列する人気店の「ローストビーフ丼」
九州で大人気の焼きそばチェーン おいしさの秘密はパリパリ麺と秘伝のソース

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP