ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハムスターがじっとする瞬間を狙う! 人気ハムスター”銀次”の生みの親を直撃

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 「へい、いらっしゃい!」。いまにもそんな声が聞こえてきそうだ。居酒屋風のセットの中に”店主”として立つのはハムスターの銀次。川辺石材の佐藤公亮さんが、自社のアピールにと始めたユニークな写真が大人気だ。

 佐藤さんの撮影するハムスターは、自身が飼っているペット。最初は愛犬を撮影していたが、いまではハムスターをメインに撮るようになった。

 模型や細々としたものを製作することが好きな佐藤さん。居酒屋風のセットはホームセンターで木材などの材料を購入し、ハムスターの大きさに合わせて手作りしている。

 それにしても、ハムスターの撮影は困難を極めるという。常にすばやく動き回り、「下手をすると逃亡する」らしい。しかし、一瞬だけ動きを止めるときがあり、その瞬間を狙ってシャッターを切る。ピントが合ったいい写真が撮れたときには、達成感に満たされるという。

 ハムスター銀次の居酒屋店主姿の写真を見た人々からは、「癒されました」「ミニチュアが好きです」「ハムスターを飼いたくなった」といった声が上がっている。「ここまで反響があるとは思いませんでしたので、驚くばかりです。メッセージを寄せてくださる方々から逆に感動をいただくこともあり、非常に感謝しています」と話している。

●佐藤公亮
学生時代から居酒屋でアルバイトをする。秋葉原、下北沢の家電量販店店員を経て、川辺石材営業員に。気分転換は海へのドライブ。

■関連リンク
川辺石材の佐藤公亮 三度目の挑戦
東京の霊園お墓・千葉の霊園お墓をご提供する川辺石材
宗旨宗派不問・全域バリアフリー設計の杜の郷霊園

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP