体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Motorolaが標準カメラアプリをアップデート、アプリUIをMaterial Design化、タイマー撮影やひねって前後カメラを切り替える新機能も追加

Motorola が自社のスマートフォンに提供している標準カメラアプリ「Motorola カメラ」を v4.0.7.5 にアップデートしました。今回のアップデートでは、アプリ UI が Material Design 仕様に刷新されたほか、指定した秒数をカウントダウンして自動的にシャッターを切るタイマー撮影や端末をひねって前後のカメラを切り替えるジェスチャー機能が追加されました。プレビュー画面はGoogleカメラ風のすっきりとした内容に変わり、下部のアイコンで前後カメラの切り替え、上部のボタンで動画を撮影できます。メニューは従来どおり左端からスワイプすると表示されます。

タイマー撮影は 3 秒と 10 秒から選択できます。「ひねって前面カメラに切り替え」機能は、Moto G では機能しないので、おそらく Moto X や Droid Turbo などの一部のハイエンドモデル限定だと思われます。「Motorolaカメラ」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Qualcomm、LTE Category 10対応で下り最大450MbpsのLTEモデム「Gobi 9×45」シリーズを発表、2015年に発売へ
ドスパラでSIMロックフリーの8インチAndroidタブレット「Diginnos Tablet DG-Q8C3G」が発売開始
AT&T版Nexus 6はSIMロック付き、しかもAT&TのSIMカードでアクティベートしないとテザリングを利用できないという独自の仕様

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。