ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ランドセルはこうして作られる・・・「天使のはね」を支えるセイバンの職人達がカッコいい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ランランランランドセルは~てんてんてん天使のはね~」という一度きいたら忘れられないようなCMソングでおなじみのセイバン。

企業CMを見てみたら、天使のはねを支える大人たちの優しい気持ちが伝わってきた。
天使のはねというのは、もともとランドセルの商品の名前ではなく部品の名前らしい。ランドセルが実際に店頭に並ぶまでにはたくさんの人が関わっている。商品企画担当、プランナー、工場の人たち、生産管理担当、裁断担当、ミシン担当、組み立て担当、修理担当、企業CMに参加した役職だけでもこれだけの人たちが関わって一つのランドセルを作り上げるのだ。

【動画】http://youtu.be/WrxoM9aIYRE

彼らはそのランドセルを使う子どもたち一人一人のことを思い浮かべながら作っている。最近では、海外でもランドセル人気に火がつき、ファッションアイテムとして取り入れるセレブもいるとかいないとかいう話だ。このランドセルという文化は日本独特のもの。
セイバンはその技術を継承するためにもメイド・イン・ジャパンにこだわり続ける。ランドセルを背負う、子どもたちの六年間を思い浮かべながら。

【参照リンク】
セイバン企業CM 想い篇 150秒
http://youtu.be/WrxoM9aIYRE 

関連記事リンク(外部サイト)

人気コピーライターが作った子供向け絵本「ぞうぼうし パオ」はビジネスマンも必読の一冊
視聴率100%男・欽ちゃんが「前例がない、誰もやっていないこと」に挑戦する理由
ハードワーカーズに聞いた「激務でも愚痴すら言わない俺達がムカついた瞬間」5選
「デッドボールを謝罪は失礼」日米野球で明らかになった日米の野球文化の違い
川崎宗則、日本復帰は「ハーフ・ハーフ」 キャラだけじゃなくムネリンが欲しがられる理由

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP