体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「100m先のコンビニをあきらめない」──自己管理型の超プロフェッショナル集団が作るパーソナルモビリティ「WHILL」(ベストチーム・オブ・ザイヤー)

「100m先のコンビニをあきらめない」──自己管理型の超プロフェッショナル集団が作るパーソナルモビリティ「WHILL」(ベストチーム・オブ・ザイヤー)

今回は、『ベストチーム・オブ・ザイヤー』から転載させていただきました

「100m先のコンビニをあきらめない」──自己管理型の超プロフェッショナル集団が作るパーソナルモビリティ「WHILL」(ベストチーム・オブ・ザイヤー)

大手の自動車メーカーや家電メーカー出身のエンジニアが結成して手掛けるパーソナルモビリティ「WHILL*1」。足が不自由な人でも、楽しく、外に出たくなるような世界を作りたい、と2012年5月に設立されました。最初の50台が無事に商品化をされ、現在、日米で出荷された50台が利用者の手元に届き始めています。

*1:『WHILL』
http://whill.us/jp/トップ/

日本では、今年9月頭に東京・日本橋の三越百貨店のイベントで製品がお披露目され、今後、三越を含む実店舗でも紹介や販売をしていく予定。WHILLの開発拠点である神奈川県の横浜市産学共同研究センターで、同社のCTO(Chief Technical Officer)である福岡宗明氏にお話を伺いました。

大学時代の勉強会にさかのぼる好奇心旺盛な仲間たち

WHILLの創業メンバーの出会いは、名古屋の大学時代にさかのぼります。
同じ工学部の仲間で集まっては勉強会を開き、技術のトレンドなどについて情報交換を行っていました。その後、メンバーは東京で就職し、勉強会も東京で引き続き開催することに。大手メーカーなどに勤める技術者集団。徐々にインプットだけでは物足りなくなり、防音の部屋を借りて機材を揃え、週末などの余暇の時間で、実際に物を作るようになっていきました。

友人の結婚式の贈り物など、アイディアに導かれるままに色々作るうちに、「世の中の役に立つものが作りたい」と思うようになっていったと言います。例えば、蛍鑑賞に最適な足下の誘導灯や、「風が見えるアート*2」などを開発。誘導灯は、蛍に見えないくらいの波長の光を採用し、光量を最大限に落として製品化したもの。役所に採用され、蛍が観られる公園には、1,000人ほどの来園者が集まりました。

*2:「” The visualization art of the breeze ” Smile Park sugiX × Sunny Side Garage 」『YouTube』
https://www.youtube.com/watch?v=0bjrdX9zix4

風が見えるアートは、当時世界を放浪中で、後にWHILLの創業メンバーになる杉江理さんのアイデア。気持ちがいいラオスの風を受けて、「この風を可視化できないか」と考えたそう。風が吹くと、風船の中の小さな基板が光るアートは、TOKYO DESIGNERS WEEK 2010に出展。好奇心の赴くままに手掛けた様々なプロジェクトの1つが、WHILLだったのです。

「100m先のコンビニをあきらめない」──自己管理型の超プロフェッショナル集団が作るパーソナルモビリティ「WHILL」(ベストチーム・オブ・ザイヤー)

町工場の見学をきっかけに生まれたWHILL

物づくりサークルで、情報や技術のインプットのために定期的に行っていたのが、工場見学でした。とある時に見学したのは、プラスチックを成形する樹脂メーカー。

福岡: その技術を見た時に、これで車椅子を作ることができれば、発展途上国などでも安い価格で提供できるんじゃないかという話になって。僕は当時、オリンパスで医療機器のエンジニアをしていましたし、みんな医療や福祉に興味があるメンバーばかりだったので調べてみることにしました。

発展途上国の人たちは、いくらの車椅子なら買うことができるのか。
現地で作って、現地で販売するという現地完結型ビジネスを発展途上国にもたらすことを思い描いていたものの、現地の人から返ってきたのは、「500円でも高い」という声。では、日本での可能性を探ろうと、神奈川リハビリテーションセンターの沖川悦三先生の協力を得て、車椅子で生活するユーザーへのインタビューを重ねました。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会