ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク初のXperiaスマートフォン「Xperia Z3 401SO」が本日発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンク初の Xperia スマートフォンとなる「Xperia Z3 401SO」がついに本日発売されました。同日より SoftBank Selection では専用アクセサリー 15 アイテムも発売されています。また、11 月 28 日には「SmartWatch 3」も発売されます。Xperia スマートフォンはこれまで NTT ドコモと KDDI (厳密にはイー・モバイルも)で販売されてきましたが、iPhone シリーズのように大手 3 社で販売されるようになりました。Xperia Z3 401SO は、Sony Mobile の 2014 年後半のフラッグシップスマートフォン「Xperia Z3」のソフトバンク仕様版です。ソフトバンクモデルはプラチナバンド(WCDMA 900MHz)やHybrid 4G LTE(FDD-LTE 900MHz / 1.7GHz / 2.1GHz)、AXGP(TD-LTE 2.5GHz)に対応するほか、ワンセグ・フルセグ、おサイフケータイにも対応しています。Xperia Z3 401SO の基本スペックは、5.2 インチ 1,920 × 1,080 ピクセルの液晶ディスプレイ、Snapdragon 801 2.5GHz クアッドコアプロセッサ、3GB RAM、32GB ROM(Micro SDカード対応)、背面に 2,070 万画素カメラ、前面に 220 万画素カメラ、3,100mAh バッテリー、フロントステレオスピーカーなどを搭載しており、PS4 リモートプレイやデジタルノイズキャンセリング機能、有線ヘッドセット経由のハイレゾ音源の再生などにも対応しています。Xperia Z3 401SO のソフトバンクオンラインショップ価格は 69,120 円で、実質負担金額は 39,600 ~ 56,880円です。価格自体は他社よりも若干低めです。カラバリはブラック、ホワイト、カッパー、シルバーグリーンの 4 色。Source : ソフトバンク


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Android TV用のGoogle検索アプリ「Google app for Android TV」をGoogle Playストアにリリース
Android版「Google Playミュージック」がv5.7.1781Qにアップデート、YouTubeのミュージックビデオが視聴可能に、「もしかして」機能も追加
Android 5.0の公式ファームウェアを搭載したGalaxy Note 3のデモ動画

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP