ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毎年恒例のタカシマヤ・チャリティー企画が今年も!可愛くお辞儀するサンタ人形を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クリスマスシーズンに、タカシマヤで毎年販売されている「オリジナルチャリティーサンタ人形」。今年で20周年を迎えるこのチャリティー企画は、人形の売上の一部が国連WFPにより、途上国で実施される食糧支援活動に役立てられるというものだ。

今年の「オリジナルチャリティーサンタ人形」(300円・高さ約5cm)の販売は、11月26日10時より。

このサンタのキャラクターは、絵本「スノーマン」の作者レイモンド・ブリッグズ氏がデザインしたもので、毎年デザインが変わり、今年はお辞儀する姿。限定6万6500点が、タカシマヤ全19店で販売される。

また横浜髙島屋では、11月26日の発売のオープニングに、国連WFP協会のボランティアがお揃いのポロシャツ姿で参加。チャリティーへの理解が呼び掛けられる。

ちょっとしたギフトやクリスマスのインテリアとして、可愛いサンタ人形は最適。購入してぜひ食糧支援活動に協力してほしい。

なお、購入数は1人5点まで。詳細はこちら(http://www.takashimaya.co.jp/store/special/christmas/charity.html)から。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP