ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佳子さまがサークル禁止令出した紀子さまを説得 練習に参加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 この9月、学習院大学文学部教育学科を中退された秋篠宮家の次女・佳子さま(19才)は、AO入試で姉・真子さま(23才)の母校・ICU(国際基督教大学)を受験され、見事、合格。来年4月から再び1年生として同大学に通われることとなる。迎え入れるICUでは、佳子さまの話題で持ちきりだという。

「佳子さまはメディアでも取り上げられている通り、“かわいい”と評判ですからね。男子たちは、興味津津のようですよ(笑い)。すでに多くのサークルや部活が佳子さまを勧誘しようと計画を練っているようですから」(3年生女子)

 早くも“佳子さま獲得レース”が過熱しているというが、学習院大時代、佳子さまは母・紀子さま(48才)から“サークル禁止令”を出されていた。

 高校時代、文化祭で同級生らとともにダンスグループを結成され、ステージに立たれ、センターポジションも務められたこともある佳子さまは、大学入学前からダンスサークルへの入会を望まれ、楽しみにされていたが、結局、どのサークルにも所属されることはなかった。

 しかし、佳子さまはICU入学後、再びダンスを始めたいとお考えのようで、すでに動き出されていた。

「佳子さまはICUのダンスサークルの中でも最も大所帯で、活発に活動しているサークル・Aに入会したいという希望をお持ちだそうです」(秋篠宮家関係者)

 Aは学園祭のステージでダンスを披露したり、校外のクラブを貸し切ったダンスイベントなどを開催していて、イベント直前になると、練習が深夜までおよぶことも少なくない本格的なダンスサークルだという。

「佳子さまは7月に都内のクラブで行われたAのイベントを見学されたそうです。そのときに、Aに所属する学生と仲よくなられて、すでにAの練習にも参加されているみたいですよ」(ICU関係者)

 紀子さまの“サークル禁止令”を破っての強行策かと思いきや、すでに佳子さまは紀子さまから“お許し”を得ていたようだ。

「高校時代に情熱を注いだダンスを禁じられたことも、佳子さまが学習院を辞められた理由のひとつでした。佳子さまは大好きなダンスを諦めることができず、“ICUに行っても、生きがいがなければ、また学校が嫌になってしまい、同じことを繰り返してしまうかもしれない”と考えられたようで、心配される紀子さまと何度も何度も話をされ、説得されたそうです。学業をおろそかにしない、そして皇族として、将来の天皇の姉としてのご自覚を守られるということを条件に許していただいたようです」(前出・秋篠宮家関係者)

※女性セブン2014年12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
紀子さま 写真流出を恐れて佳子さまにサークル参加禁止令
佳子様 学習院大での生活充実も特定のサークルには所属せず
学習院大学の「教育学科」 佳子さまの進学を見据えて新設か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。