ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大前研一氏 米留学したい中学生の孫に反対するも説得を断念

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本的な企業の在り方と切っても切れない「年功序列」だが、最近では年功序列を廃止する動きもみられる。大前研一氏が、中学生の孫との論争を例に挙げて従来の秩序や経験が通用しない場面は増えるであろうことを解説する。

 * * *
 大手電機企業などで、年齢や勤続年数に応じて役職や給与を自動的に引き上げる「年功序列制度」を廃止し、仕事の内容や成果に応じて役職や給与を決める「成果主義」に切り替える動きが広がっている。日立製作所やパナソニックは、今秋から新たな賃金制度を導入。ソニーも来年4月から導入予定だという。

 日本の大手企業は一時、年功序列から成果主義に移行したが、なかなかうまく機能しなかったため、年功序列を一部復活したという経緯がある。しかし、近年の業績不振とグローバル化の進展により、改めて今、年功序列を廃止して成果主義を導入する企業が相次いでいるのだ。

 それを受けて、一部のマスコミは「年功序列は正しい」「成果主義は逆効果」などと批判している。だが、そういう報道は年功序列のぬるま湯につかっていたい中高年社員に迎合しているだけであり、そもそもこんな論争が起きること自体、日本企業の迷走ぶりを象徴していると言えるだろう。

 では、いま世の中で何が起きているのか? 一言で言えば、従来の「秩序」や「経験」がすべて否定され、破壊されつつあるのだ。

 私自身それを痛感したのが、中学生の孫との会話だった。たとえば過日、私の孫が学校の授業で、マルティン・ルターとジャン・カルヴァンによるキリスト教の宗教改革(プロテスタンティズム)について学んでいた。

 そこで、私が知っていることを教えようとしたのだが、すでに孫はルター派とカルヴァン派の違いをはじめ様々なことをネット上の専門サイトやウィキペディアなどで調べ、ヨーロッパの生きた地図の中で自分の知識にしていたので、私の出る幕はなかった。私と話している間にも、話題をネットで確認したり、違う情報を引っ張り出したりして“対抗”してくる。実に手強いのである。

 かつて、個人の人間力とも言うべきものを支えていた経験則や知識量はもはや頼りにならなくなってきている。どれだけ知識を持っていても、膨大なネット情報には敵わない。あるいは経験から語れる言葉も、さらに経験豊富な人の言葉をネットから見つけてくることができてしまうのだ。

 また、孫は「高校からアメリカに留学したい」と言い出した。日本の若者が海外に雄飛すること自体は大賛成だが、私は自身の経験や実際に現地で聞いたことのある情報を踏まえて、その留学に反対する意見を述べた。ところが、それに対して孫はネットから引っ張ってきた現地の最新情報や在校生の生情報などを楯にことごとく切り返してきた。ついに私は反対するのを断念するしかなかった。

 今、我々の目の前で起きているのは、そういう不思議な現象なのだ。中学生にテーマを与えて1週間たったら、大人と同じレベルで議論できる。すなわち「年功」が一切通用しない時代になったのである。これは年配者にとっては恐ろしいことだ。しかし、それが現実なのである

※週刊ポスト2014年11月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
江夏が先か田淵が先か? 落合博満氏が戸惑った年功序列制度
史上最強K-POPグループ・EXOのムフフな相関図に妄想炸裂!?
宝塚女優 ビューティーサロン経営者、議員秘書への転身組も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP