ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10月に離婚成立したばかり山本聖子 ダルとの熱愛に元夫困惑

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月18日、午後4時3分。テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手(28才)は自身のツイッターに元レスリング日本代表の山本聖子選手(34才)とのツーショット写真をアップして、堂々の交際宣言をした。

 しかし聖子は10月上旬に離婚が成立したばかり。元夫は、2006年に結婚した、ハンドボール元日本代表の永島英明(37才)だ。

「結婚当初は、とても仲の良い夫婦でした。しかし、彼女がアメリカ行きを決め、さらにお子さんも連れて行ってしまったために、夫婦の間に少しずつすれ違いが生じたようです。ここしばらくは、聖子さんが日本に帰ってきても別居状態だったみたいですよ」(レスリング関係者)

 その一方で聖子は、現地アメリカでダルと出会い、恋に落ちていた。

「聖子さんは去年の7月にアメリカのレスリングチームのコーチに就任し、息子さんを連れてコロラド州に移り住みました。ところが、選手としては実績抜群の彼女も、指導するのは初めて。言葉の壁もあって、かなり悩んだみたいです。ダルビッシュさんとはそんな時に、知人のスポーツトレーナーを通して知り合ったそうです。

 コロラド州は、ダルビッシュさんの所属するチームの本拠地であるテキサス州と同じく、アメリカの中南部です。“アメリカを拠点にするスポーツ選手”という境遇も似ていて、食事などを重ねるうちに意気投合したようです」(前出・レスリング関係者)

 兄・山本“KID”徳郁(37才)は総合格闘技、姉・山本美憂(40才)は同じレスリングの舞台で活躍し、格闘一家の“山本3きょうだい”として知られている聖子。以前から、兄が経営する都内のスポーツジムに頻繁に顔を出している。

「利用者にアドバイスしたり、レスリング教室の先生もやったりしているんです。息子さんを連れて来ていたこともあったんですが、11月はじめには、ダルビッシュさんと一緒でした」(ジム関係者)

 この場所でのダルの目撃情報は、それだけにとどまらない。別の日には、ダルがボクシンググローブをはめ、トレーニングしていることもあったという。

「徳郁さんがやってるジムだし、有名人も来るんだろうなと思ってたんですけど…。ほら“アレ”があったじゃないですか? そう考えると、ダルビッシュさんも気まずくないのかな?って不思議で…」(前出・ジム関係者)

“アレ”とは、女性セブンが昨年10月にスクープした、ダルとモデル・MALIA(31才)との密会劇のこと。ダルがMALIAと古閑を“ハシゴ”する時間差デートをスクープした。MALIAは聖子の兄・徳郁の元妻なのだ。

 それはさておき、女性セブンは離婚後も聖子と連絡をとっているという元夫の永島に、ダルとの件を聞いた。

──聖子さんからダルビッシュさんとの再婚について報告はないですか?
永島「聞いてないです」

──再婚すると聞いてどう思われますか?
永島「さぁ…。というか、まだ離婚したばかりですよ」

 永島が困惑するのも当然だ。わずか1か月前に離婚が成立したばかりなのに、ダルがツイッターにあげた聖子とのツーショット写真は「先々週の日曜日に撮影した写真」で、もう長くつきあっている恋人同士の親密さ。しかも、聖子の息子はダルになついているというし、再婚宣言まで飛び出しているというからなおさらだ。

※女性セブン2014年12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
紗栄子「家で笑っていられなくなる」と芸能活動復帰を宣言
ダルビッシュ 紗栄子の料理のレベルが低すぎで離婚決意か?
ハンカチ王子ハム入り 関係者「ダルに感化されるとまずい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。