体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「もうFlashはやめようと思った」フル3DCGによる自転車アニメの裏側

「もうFlashはやめようと思った」フル3DCGによる自転車アニメの裏側

左から、司会:山田幸美さん、アニメコンシェルジュ:氷川竜介さん、監督:谷東さん、3Dディレクター:宮城健さん
11月17日(月)、短編アニメの配信プロジェクト・日本アニメ(ーター)見本市の解説番組「-同トレス-」の第2回目が行われた。

日本アニメ(ーター)見本市は、日本アニメーションの可能性を探ることを目的に企画された、ドワンゴとスタジオカラーによる共同プロジェクト。

同番組では、監督の谷東さん、3Dディレクターの宮城健さんが登場し、フル3DCGアニメーション『HILL CLIMB GIRL』について語った。

フル3DCGに初挑戦の谷さん「もうFlashはやめようと思った」

「HILL CLIMB GIRL」は11月14日(金)から公開された日本アニメ(ーター)見本市の第二弾となる作品。

監督の谷東さんは『秘密結社鷹の爪』などの作品で有名なDLE所属で、劇場アニメ『秘密結社鷹の爪 総統は二度死ぬ』ではプロデューサーを務めた人物。

『秘密結社鷹の爪』シリーズは典型的なFlashアニメーションで、谷さんもFlashの制作を得意としていた。しかし、今回の『HILL CLIMB GIRL』で初めて3DCGでの制作に挑戦。

3DCGアニメーションとは、キャラクターや背景、机や椅子といったオブジェクトを3DCGで制作し、それらを配置してアニメーションをつくり上げる手法。一度キャラクターのモデルをつくってしまえば、柔軟に使い回すことができるため、カットごとにいちから作画をしなければならない紙のアニメーションよりも作業を効率化できることで、アニメ制作の現場では多用されている。番組内では谷さんが3DCGならではの利点として、カメラアングルの変更が容易であることを挙げた。

近年では、映画『コクリコ坂から』などを手がけた宮崎吾朗さんが制作するTVアニメーション『山賊の娘ローニャ』や、水島精二さんが監督、虚淵玄さんが脚本をつとめる映画『楽園追放』などがフル3DCGアニメーションとして公開され、いずれも注目を集めている。

今回の企画に参加することになった理由は、谷さんが以前スタジオカラーのプロデューサーに「Flashアニメーションを卒業したい」と話したことがきっかけだそう。

Flashアニメーションと3DCGアニメーションを両方体験した谷さんは、「もうFlashは辞めようと思った」というほど3DCGに未来を感じたという。

しかし、コストや制作期間の面ではFlashアニメーションの方が優れており、一長一短だという。具体的には、Flashでアニメを作ろうと思ったら3人で1週間もあればできるが、3DCGでは20人〜30人で1ヶ月〜数ヶ月を要する。

今後、ソフトやライブラリが発達すれば、その分だけ速く簡単に3DCGアニメーションがつくれるようになると予想されるので、まだまだこれから3DCGの真価が問われることになるそうだ。

アニメ業界は自転車好きが多い?

アニメ業界はかねてより自転車好きが多いといわれているが、谷さんが今回の企画に参加するもう一つの理由として、自身の自転車好きが関係しているという。音響監督の山田陽さんをはじめ、スタッフには多数の自転車好きがいるが、中でも谷さんは筋金入りだそうだ。

今回の制作で参考資料として買った自転車用品も、総計で最高級ロードバイクが購入可能なほど(約150万円ほど?)にまで膨れ上がってしまったという。

3DCGで作られたロードバイク 3DCGで作られたロードバイク
1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy