ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

田中美里、THEイナズマ戦隊の久保裕行とラグビー応援歌を制作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ラグビーの魅力を広く世の中に伝え、日本を盛り上げていく」という想いのもと、関東大学ラグビー協会・関東大学リーグ戦連盟に所属する大学が中心となり「タックル・プロジェクト」が、11月2日に発足し、活動がスタートした。

その「タックル・プロジェクト」の後押しとして、ラグビーの応援歌を制作する企画もスタートし、アーティストである田中美里と大学ラガーマンとの初コラボレーションが実現した。

田中美里は、今年6月に行われたラグビー日本代表vsイタリア代表戦での国歌斉唱や、昨年度よりJ SPORTSのラグビー中継のテーマソングを担当しており、ラグビーとの関わりが深く、今作は作詞を彼女自身が手がけ、作曲はTHEイナズマ戦隊の久保裕行(くぼ ひろゆき)を迎え、ラガーマンとラグビーを愛する人たちの想いが詰まった曲となっている。

完成した楽曲は、今月12月23日の早慶戦が開催される秩父宮にて初披露される予定。さらに、J SPORTSの大学ラグビーテーマソングにも採用され、23日放送からOA予定。

田中美里 コメント
「ラグビーは私に沢山の人と繋がるきっかけだけでなく、根性、そして熱い魂を教えてくれました。そんなラグビーの応援歌を歌えることを誇りに思います。私はこの作品で初めて作詞にトライしました。選手のみなさんと直接お会いして、ラグビーに対する真摯な想いや日々の厳しい練習に取り組む姿勢など沢山の言葉をいただいて書いた歌詞なので、とても青春感のあるものが書けたと思います。2019年に向けてラグビーを盛り上げられるよう、私も精一杯協力し、共にGo Forwardします!!」

久保裕行(THE イナズマ戦隊) コメント
「学生さんから、ラグビーに打ち込んできた想い、ラグビーを盛り上げたいという想い、更にはリアルにタックルするときの気持ちを聞いて凄く感じるものがありました。
その熱い気持ちを受け、プレイする側も応援する側も熱くなれる応援歌にしたいと思い、こちらも熱くなって作りました。学生さんに全力でコーラスを歌ってもらって一緒に作り上げた曲です。選手にもそれに関わるすべての人にも、辛いときにもう一度立ち上がるための支えになる曲と信じてます!」

関連リンク

田中美里 公式サイトhttp://www.tanakamiri.com/
田中美里オフィシャルBLOGhttp://ameblo.jp/tanakamiri/
田中美里オフィシャルfacebookhttps://www.facebook.com/tanakamiri
田中美里オフィシャルTwitterhttps://twitter.com/miritanaka
THEイナズマ戦隊 オフィシャルサイトhttp://www.inazumasentai.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP