ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

来年の大河『花燃ゆ』ともリンクする歴史小説『池田屋乱刃』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『池田屋乱刃』伊東潤/講談社/1728円

 新選組が尊王攘夷派を襲撃し、その名を高めた池田屋事件。本書は幕末を揺るがした事件を、殺された志士たちの視点で描いている。北海道開拓の夢を実現するため奔走する北添佶麿、吉田松陰の同志だった宮部鼎蔵、松陰の高弟だった吉田稔麿など、金も名誉も望まずに国のために働き、志半ばで倒れた男たちの生きざまには、深い感動がある。

 本書の登場人物の多くは、来年の大河ドラマ『花燃ゆ』にも重要な役割で登場する。そのため歴史小説ファンも、ドラマ好きにもおすすめだ。

※女性セブン2014年12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
安倍首相4度目の里帰り NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の番宣か
「風水で日本制圧」論文に見る韓国の怪物クレーマー化の病理
「幼児期の体罰が社会的協調性を発達させ得る」と脳科学者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP