体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、中国在住のアプリ開発者がGoogle Playストアで有料アプリを販売することを可能に

米 Google は 11 月 20 日(現地時間)、中国在住のアプリ開発者が Google Play ストアで有料アプリを配信できるようになったことを発表しました。これにより、中国在住のアプリ開発者は Wallet 販売アカウントを登録し、アプリを Google Play ストアで販売できるようになるほか、無料アプリでもアプリ内課金を通じて仮想アイテムや月額課金のサブスクリプションも販売できます。Google は Android Developers Blog でこのことを発表しました。今回の登録可能国の拡大によって、60 を超える国や地域の開発者が有料アプリなどを販売でき、130 を超える国と地域でアプリを販売できるようになりました。ただ、売上の支払いについては、米ドルでの電信送金により中国の銀行口座に振り込まれることになっています。Source : Android Developers Blog


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、国内版「Xperia Z2 Tablet Wi-Fi」にPS4 リモートプレイやDSEE HXを含むAndroid 4.4.4アップデートを11月下旬に提供
KDDI、「au +1 collection」のラインアップを拡充、11月28日にSmartWatch 3を発売
Nexus 6は「ダブルタップでスリープ解除」に対応しているものの、Googleが無効にしている

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。