ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐藤竹善、新曲「雪の星~Another Christmas Time~」PVは松重豊が主演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月3日、自身2枚目となるクリスマス・アルバム『Your Christmas Day Ⅱ』を発売するSING LIKE TALKING のボーカル佐藤竹善の新曲「雪の星~Another Christmas Time~」のPVが完成した。

本作には映画「血と骨」「しゃべれどもしゃべれども」「デイアドクター」「アウトレイジ ビヨンド」他、テレビでは「ちりとてちん」「八重の桜」「HERO」など、映画、ドラマ、舞台と多岐に渡り活躍中の松重豊がミュージックビデオ初出演。松重氏のセリフが一切ない、表情と仕草のみで行なわれた芝居は、歌詞の中で行なわれている人間ドラマをリアルに描き出す。

『Your Christmas Day Ⅱ』は佐藤竹善が提案するクリスマス・アルバムのスタンダードとも呼べる作品。「Happy X’mas (War Is Over)」や「恋人たちのクリスマス」などのカバーも収録されたこの冬必聴の極上なクリスマス・アルバム。「雪の星~Another Christmas Time~」の先行配信、iTunesアルバムプリオーダーは11月23日より行なわれる。

また、11月より毎週放送中のツイキャス企画が好評の中、11月23日 17:00から行なわれる、interfmで放送中の自身がパーソナリティを務めるレギュラー番組の完全招待制イベント『Pars Orpheus presents Our Chiristmas Day』のライブの模様をツイキャス配信が決定。自身のツイキャスアカウントより配信が行なわれる。

佐藤竹善 コメント
バイプレイヤーとして舞台、映画、ドラマでの名演を、ずっと注目していた松重さんが引き受けてくれるということで、とても楽しみにしていました。
のちに同い年ということを知り、勝手にますます親近感を持っていた彼の演技は、まさしくぼくが惹き込まれていた彼そのものでした。
セリフがなくても魅せる実力は、歌でいうなら「スキャットのみで胸を打つ力と同じなんだなあ」と、感慨と実感でいっぱいです。

佐藤竹善「雪の星~Another Christmas Time~」

リリース情報

アルバム「Your Christmas Day Ⅱ」
初回盤(CD+DVD+U-COONECT CARD)UPCH-9960 4,000円+税
通常盤(CD)UPCH-1999 3,000円+税
*初回盤のみ「雪の星~Another Christmas Time~<Video Clip>」を収録
*初回盤のみSING LIKE TALKINGの新曲をダウンロードできるMusic Connecting Cardを封入
*SING LIKE TALKING 待望のフルバンドによる全国ツアー“The Sonic Boom Tour 2015”チケット先行予約情報封入

収録曲
1. Do You Hear What I Hear
2. Happy
3. Another Christmas Time
4. All I Want For Christmas Is You
5. Last Christmas
6. Momento
7. Happy Xmas(War Is Over)
8. What A Wonderful World
9. The More We Try
10. Amazing Grace featuring 有坂美香
[Bonus Track]
11.雪の星~Another Christmas Time~

ツアー情報
佐藤竹善クリスマスツアー/Your Christmas Night 2014
12月10日(水)大阪・Billboard LIVE OSAKA
12月12日(金)宮城・仙台Rensa
12月13日(土)東京・Billboard LIVE TOKYO
12月17日(水)愛知・ブルーノート名古屋
12月18日(木)福岡・電気ビルみらいホール

関連リンク

SING LIKE TALKING 25thAnniversary SPECIAL WEB:http://singliketalking.jp/25th/
SING LIKE TALKING オフィシャルWEB:http://singliketalking.jp
SING LIKE TALKING 公式チャンネルhttp://www.youtube.com/user/SINGLIKETALKING25TH

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP