ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ふなっしー 1stアルバム、たかみープロデュースのサンバ調ポジティブソング「梨空レインボー」収録

DATE:
  • ガジェット通信を≫

千葉県船橋市の非公認キャラクターふなっしーの衝撃的なメジャーデビューから早一年。“たかみー”こと高見沢俊彦(THE ALFEE)プロデュースの第一弾テーマソングから始まり、氣志團プロデュースの第二弾テーマソングまで、合計2枚のシングルリリースを経てふなっしーのロック魂と梨汁が完全に熟した期待大の”ふなメタルロック”集大成アルバムがついに完成した。

新曲には、ふなっしーの第一弾テーマソングに続き、たかみー“高見沢俊彦”がプロデュースした、嫌なことを忘れてクリスマスや正月はもちろん大人も子供も家族みんなでヒャッハー!できるサンバ調のふなっしー流ポジティブソング「梨空レインボー」を収録。

落ち込んだ時も、涙した後も、きっとその後には虹が出て元気になるよという意味が込められたふなっしーらしい明るい前向きな曲。またふなっしーとしては初のバラード曲も収録。ご当地キャラをテーマにしたふなっしーの独特な想いが込められた、ふなっしーの過去と未来を色濃く表現した衝撃作バラード曲「ご当地キャラエレジー」は聴く人の心を優しく刺激してくれる。

今回のアートワークは、笑顔がたくさん詰まった場所ということで、地元船橋市内のショッピングモールや小学校で撮影されている。

初回盤限定特典には新曲「梨空レインボー」のミュージックビデオや今回のアルバム全体のメイキング映像を収めたDVDや毎回恒例のボーナストラックには、ファンの間では話題のふなっしーがラジオDJに扮して繰り広げられる架空のラジオ番組「ふな ふな ブシャらじお 第三回 〜特別篇~」を収録。ここでしか聴けない制作裏話や、ふなっしーの爆笑ラジオトークが聴くことが出来る。“長いものには巻かれろ”というメッセージが込められているかどうかは不明だが、”ふなメタルロック特製マフラー”を封入した超お買い得パッケージとなってリリースされる。

通常盤には、特製ステッカーシートが封入され、毎回恒例のユニバーサルミュージックストアで販売される、完全数量限定盤の「産地直送盤」には冬のマストアイテム、”ふなメタルロックひざ掛けブランケット”が、まさに梨農園から梨が届いたかのようなデザインが施された”特製の特大梨箱”に入って販売される。

梨の妖精界初のファーストアルバムリリースが決定したふなっしーは、

「まさかの梨の妖精がアルバムリリースなっしー!ユニバーサルミュージックの詰め込み方もハンパないなっしなー。商魂に頼もしさを感じたなっしな♪これからのパーティーシーズンに盛り上がること間違いない内容なっしー!ここまできたら紅白2年連続出演・・・を狙って頑張るなっしー!」

と意気込んでいる。

リリース情報
アルバム「うき うき ふなっしー♪ 〜ふなっしー公式アルバム梨汁ブシャー!〜」
2014年12月17日発売

初回盤(CD+DVD+グッズ)UMCK-9713 3,500円(税込)
・DVD:「梨空レインボー」ミュージックビデオ、アルバムメイキング映像
・封入グッズ:ふなメタルロック 特製マフラー(初回盤のみ封入)

通常盤(CD+封入ステッカー)UMCK-1502 2,200円(税込)
・封入ステッカーステッカー:ふなメタルロック 特製封入ステッカーシート(通常盤のみ封入)

産地直送盤(CD+グッズ+特製特大梨箱/ユニバーサルミュージックストア完全予約生産限定)PDCS-1901 4,980円(税込)
・特大グッズ:ふなメタルロック 特製ひざ掛けブランケット(特製の特大梨箱に入ります)

【収録曲】 初回盤・産地直送盤 共通
M1 イントロなっしー♪
M2 ふな ふな ふなっしー♪ ~ふなっしー公式テーマソング~
M3 ふなっしーの買い物わっしょい!
M4 ぶぎ ぶぎ ふなっしー♪ ~ふなっしー公式テーマソング第二弾~
M5 梨空レインボー
M6 ぶぎ ぶぎ ふなっしー♪ ~ふなっしー公式テーマソング第二弾~(EDM リミックス)
M7 ご当地キャラエレジー
M8 ふな ふな ふなっしー♪ ~ふなっしー公式テーマソング~(ほぼニッチPバージョン)
M9 アウトロなっしー♪
M10 ふなっしーの「ふな ふな ブシャらじお」第三回 ~特別篇~ ※初回盤、産地直送盤のみ収録

関連リンク

ふなっしー ユニバーサルサイトhttp://www.universal-music.co.jp/funassyi
ふなっしー Twitterhttps://twitter.com/funassyi

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP