ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

遠藤憲一、『ザ・レイド GOKUDO』の怒れる日本人ヤクザ役に世界が震撼

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インドネシアの才能、ギャレス・エヴァンス監督とイコ・ウワイス主演の2011年の大傑作『ザ・レイド』の続編、『ザ・レイド GOKUDO』が完成。エヴァンス監督の熱いラブコールを受け、日本人ヤクザ・ゴトウ組長役で出演した遠藤憲一に、この衝撃作について聞いた。

鮮烈なバイオレンス描写が世界で高い評価を集め、日本映画マニアのエヴァンス監督が、インドネシアと日本の才能の融合を試みた本作。期待に違わぬ仕上がりに遠藤本人も腰を抜かすが、前作を観ていた遠藤はイン前も期待しかなかったと笑う。「前作が予想以上にすごかったので、この世界に松田龍平君と北村一輝君と入れるなら喜んでと(笑)。それにインドネシアの俳優さんたちも衝撃的で、世界には逸材っているなって思い知りました」。

遠藤演じるゴトウはヤクザの組長で、「戦争だよ!」と怒号を飛ばすシーンの大迫力は、向こうの観客の感想を知りたいほど。事実、「あれで、現地のスタッフがビビっちゃって(笑)」と驚愕のエピソードが! 「静かにしているけれど、合間で怒鳴り散らすシーンがあるので、顔が怖くなっちゃったみたいで。でも、よく見りゃそうでもないなって、思ってくれたみたいですよ。自分的にはヤクザ役は久々だったので、よくわからないですけど」。

この遠藤の迫力にインドネシア映画界はビビったわけだが、遠藤自身も前作の鑑賞時以上に、作品に参加して衝撃を受けたと言う。「インドネシアだけで、これだけのすごいことになっているので、世界中を見渡した時、どれだけかって思いますよね(笑)。自分にとってもいい機会で、観る人にとっても衝撃を感じると思うので、本当にヒットしてほしいです」。あの『ザ・レイド』が日本上陸した時の興奮が再び! 遠藤イチオシの続編に期待を!

映画『ザ・レイド GOKUDO』は、2014年11月22日(土)より、全国ロードショー!

■参照リンク
『ザ・レイド GOKUDO』公式サイト
http://theraid-gokudo.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP