ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジェシカ・チャステイン、「インターステラーの核は愛。定義できない、ただ感じるもの」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジェシカ・チャステイン、「インターステラーの核は愛。定義できない、ただ感じるもの」

いよいよ11月22日から公開となるクリストファー・ノーラン監督の壮大なる最新作『インターステラー』。公開されるまでストーリー、配役などほぼすべての情報が隠されてきた本作。メインキャラの一人として出演するアカデミー賞ノミネート常連女優ジェシカ・チャステインは、果たしていったいどんな役を演じているのか…、それは観てからのお楽しみとなるわけだが、彼女がノーランとの初めての仕事、この作品に対する思いを語っている。

まずノーラン監督については、「素晴らしすぎる!」と大絶賛。「彼は、私が車で通り過ぎる500エイカーのコーン畑を作ったの。それに私の顔めがけてバケツ何杯もの砂塵を投げつけた。宇宙船もシャトルもグリーンスクリーンを使わなかった。それがとてもやりやすくしてくれたわ。あと彼は、演技するとき俳優をひとりにして、数回自分でトライさせてくれるの。そして時々、とても小さなメモをくれるんだけど、それが俳優の演技を完ぺきに解放してくれる。私にとって大きな喜びだったわ」と、監督の徹底的な作品作りの姿勢、俳優への心配りにすっかり感服してしまったようだ。

ある意味、予想外の役を演じているジェシカ。そしてその役は、物語のカギを握る重要なキャラクターだ。自分が演じた役について、なるべくネタバレしないよう気を使いながら、ジェシカはこう語っている。

「私が演じたこの女性が素晴らしいのは、自分の周囲の世界に積極的に参加しているところね。彼女は男性のキャラクターに仕えるためにそこにいるわけじゃない。時々映画の中で、女性のキャラクターは、少し見失われたりするものよ。特に、私はこの映画で主役じゃないしね(笑)。私が画面に登場する時間はそれほどたくさんはないわ。でも、彼女がスクリーンに出ている時、彼女は重要なことをやるの。彼女はそこにいて、彼女は彼女の世界で、そしてこのストーリーで、しっかり足跡を残している。それは私にとってエキサイティングなことだったわ。あと、私のキャラクターは、ストーリーのエモーショナルな側面に参加することが出来る、それがとても嬉しかったわね」。

そんなジェシカは、この作品に出演するまでの経緯も教えてくれた。

「クリスが私に興味を持ってくれていると聞いて、すぐにそれは私が関わりたいと思う作品だということがわかったの。私は、クリストファー・ノーランと仕事をしたかったのよ。私には、もし電話をもらったら、『イエス』と言う監督のリストがあるの(笑)。クリスはその中の一人だったわ」。

本作での演技で、早くもアカデミー賞を獲るのではないかと噂されている主演のマシュー・マコノヒーについても聞いてみると、「ゲーリー・クーパーみたいな人(笑)」と一言。「マシューは堂々として自信に満ちているわ。彼は、違う種類の映画スターへ逆戻りしたみたいなの。なおかついい人。彼のパブリックの人格とパーソナルな人格には違いがないわ。彼は、いつも彼なのよ」。

最後にこれから観る観客に向けて、次のようなメッセージをくれた。

「ぜひエモーショナルなレベルで、映画から影響を受けてもらいたいわ。私にとって、映画はアート。映画を観に行って、それを分析したり、すべてを定義する必要はないわ。ただそれに浸ればいいと思う。この映画の核は、愛についてよ。愛は定義出来ないわ。理解出来るものじゃない。愛はただ感じるものよ」。

この映画で起きることを、私はすべて間違いなく信じると語っていたジェシカ。壮大でエモーショナルな愛に満ちた、予想もできない物語『インターステラー』、ぜひ劇場で目撃してほしい。

『インターステラー』は11月22日(土)新宿ピカデリー他 全国ロードショー

ジェシカ・チャステイン写真クレジット (C) Kaori Suzuki

(C)2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

■参照リンク
『インターステラー』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar/

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。