ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メジャーコーチの疑問「何故日本の打者はみんな足あげて打つの?」に野球ファンが熱議論

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日米野球の期間中MLB関係者が「何故日本の打者はみんな足を上げて打つのか?」とコメントしていたことが試合中継で話題になり、「パワー以上にこの一本足打法が日本人選手のメジャーでの成功を阻んでるのでは?」という論争がネット上で巻き起こっている。

「パワーで根本的にかなわないのだから、メジャーでどうやって生き残るかはあへあへ単打とツーベースしかないんだよ」
「揃いも揃って(足を)高く上げてるんだよな 中田も山田も松田も坂本も。これじゃあメジャーでは全く打てない」と根本的なパワーの問題を指摘。

その一方で、
「結局(日本のプロ野球は)動く球が少ないからだろ イチローも松井もそれに対応するために足を下げた」
「筋力を上げるために体重を増やしても人工芝で殺されるし、統一球よりもフィールドを統一してほしい」
など根本的なピッチャーのボールの質の違いや、人工芝中心のフィールドなど、様々な環境の違いが原因ではないかという意見も飛び出している。

しかしメジャーでも数多く「足を上げて打つ打者がいる」との指摘もありアレックス・ロドリゲスやルーカス・デューダ、エイドリアン・ゴンザレスなど名だたる強打者の名前が挙がっている。

ネット上でも結局は投手のフォームもメジャーとは違うし日本の野球には足を上げる打ち方があってるのでは?という、曖昧な議論になっているが、日本を代表するホームランキング・王貞治の登場以来、日本の野球に定着した一本足打法。厳密には王さんのフォームとは違うものの、現在まで確かに足を上げて打つ打者が異様に多いのは、日本野球独特の事情が作用しているようだ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP