ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「王子様」狙いなら、迷わずお見合いをすすめるワケ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


合コンだと男の子の本気度を確かめたり、友だち同士の駆け引きが難しい。お見合いパーティやマッチングサイトで相手を探すのもけっこうたいへん…。
そろそろ本気で婚活をしたい人は、ツーショットのお見合いも経験してみてはいかがでしょうか。

思ったよりも気軽にできちゃう

お見合いといえば料亭で仲人さんがいて、着物とか着て…とお堅いイメージを想像しがちですが、最近では釣書もナシ、相手の顔は写メで確認といった堅苦しくないお見合いもあるそうです。
実際にお見合いを経験した友だちは、「盛りあがって予定時間を3時間も延長しちゃった」というつわものや「ふたりで紙すき体験教室に行ったり、都内を観光して楽しかった!」という意見も。
お見合いによっては思っていたよりうんと気軽にできる場合があるみたい。

お見合いはどうすればできるの?

年齢や趣味など肩書きを重視する紹介サイトよりも、あなたのことをよく知っている身近な存在に紹介してもらうのがベスト。とくに細かいリクエストを一番言えるのが家族や親戚です。
相談するのはちょっと恥ずかしいけれど、小さなころから自分を見てきてくれた身近な存在であるぶん、あなたに合う人を親身になって探してくれます。
親同士のネットワークは強いので、ひとり暮らしをしている場合でも「○○さんの息子さんが都内に住んでるわよ」などとはりきって協力してくれますよ。
また、既婚した女友だちに相談するのも◎。友だち同士で男性を取り合う心配もなく、本気で探していることを伝えれば結婚後のアドバイスも含めて真剣に話を聞いてくれます。

眠っていた王子様が見つかるかも!?

自分と相手だけでなく紹介者を巻きこむぶん、合コンの出会いよりも相手への信頼度はバツグン。あらかじめ相手のプロフィールがわかっているうえ、自分をよく知っている人たちに紹介してもらうためにガッカリする確率も低そう。
また、「どうしてあなたが独身なの!?」というような本当に仕事ばかりで女子との出会いがなかっただけの王子様が眠っている可能性も。
お見合いは合コンや婚活パーティの雰囲気がニガテな人にもオススメ。試す価値ありそうですよ!
wedding couple image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
26歳からの飲み会は「おしぼり」すら武器になる!?
「クリスマス、予定がないんです」におっさんがアドバイス
「感じ悪~い女子」なんかにヤキモキしない撃退法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP