ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カップ、耳かき…職人たちの技術力を活かしたこだわり商品4選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まるでふんわりとしたニットを被せたようなカップ“トレースフェイス”をご存じだろうか。実はこれは、網目のひとつひとつを手彫りした、精巧な石膏の型からつくられた陶器でできている。このカップをはじめ、日本が誇るさまざまな職人の、埋もれつつある技術を掘りおこし、あっと驚く商品に変えてきたプロジェクト『ネクスト・フォーム・ジャパン』。いったい、どんなプロジェクトなのだろうか?

商品とその目的について「セメントプロデュースデザイン」代表であり、プロデューサーの金谷勉さんに話を伺った。『ネクスト・フォーム・ジャパン』プロジェクトを立ち上げた目的と経緯とは?「元来の仕事であるデザインをするだけでなく、デザインした商品を自分たちで販売し、下請の仕事から脱却していきたいという思いがありました。現在の日本のものづくりは、海外への技術の流出や、後継者の減少などの理由から、工場の廃業が相次いでいます。そんな職人さんたちの技術やあまり使われなくなった工場の機械を使い、これまでなかった商品を開発しようと思ったのです」

そんな金谷氏率いる「セメントプロデュースデザイン」が生み出してきた商品の一部を紹介したい。

■ハッピーフェイスクリップ
多くの人に“ハッピーフェイス”になってほしいという思いが込められたキュートなクリップは、会社立ち上げ直後の商品。当初金型の知識もなく3~4回の失敗を重ね、東大阪の工場の協力の元試行錯誤の末に完成した“スマイル”だそう。

■トレースフェイス
コーヒーを入れても、和菓子に合わせてもしっくりくるカップ。ニットやラタンの風合いがまるで本物のよう。愛知県の陶器の原型師とタッグを組んだヒット作。

■シオリボン
ブックマークだけでなく、髪留めに使ったり、ポーチのファスナーにつけたり。福井県のリボンメーカーの協力により実現した商品。繊細な細工はレーザー機を使用しているのだとか。

■サバエミミカキ
福井県鯖江市は、メガネの国内シェア90%を占める。この鯖江市の眼鏡素材加工メーカーと共同開発した耳かきは、鯖江発らしくメガネのフォルムが特徴的。デザインの美しさだけでなく、“かき心地”にもこだわっている。

安さに価値を求めるのではなく、精巧な技術を時代に合った商品に落とし込む開発力、発想力が、唯一無二の商品を生み出している。そんな商品たちは、どの家にもあって暮らしの一部としてなじむものばかり。一度、手にとってみるのはいかがだろうか。■ハッピーフェイスクリップ
HP:http://cementdesign.shop-pro.jp/?pid=33435062
■トレースフェイス
HP:http://cementdesign.shop-pro.jp/?pid=30716831
■シオリボン
HP:http://cementdesign.shop-pro.jp/?pid=33410004
■サバエミミカキ
HP:http://cementdesign.shop-pro.jp/?pid=51138778●取材協力
セメントプロデュースデザイン
HP:http://www.cementdesign.com/
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/11/19/72258/

【住まいに関する関連記事】地域交流イベント「住宅デー」で、日本の職人技の魅力を再発見
個性的なアイテムが豊富な“モロッコインテリア”を取り入れよう
お庭でピクニック! 気分があがる女子向けアウトドアアイテム
最強の厄祓いの置物! バリ島の守り神「ラクササ」とは?
リアルすぎ! インテリアにもなっちゃう食品サンプル

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP