ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一面に広がる88万8246本のポピー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

真っ赤なじゅうたんのように一面に広がるのは、イギリスのロンドン塔の周辺に飾られたセラミック製のポピー。第一次世界大戦の追悼記念作品として夏ごろから植えられてきたが、このほど1次大戦で犠牲となったイギリス兵の数と同じ88万8246本のポピーが完成した。

【画像や図表を見る】

イギリスでは、11月11日は「ポピーデイ」といって、第一次世界大戦以降の戦死者を追悼する記念日になっている。この記念作品のタイトルは「Blood Swept Lands and Seas of Red(流れる血に覆われた陸地と赤い海)」で、セラミックアーティストのポール・カミンズ氏と舞台デザイナーのトム・パイパー氏が手がけたもの。セラミック製のポピーは手作りで、ボランティアの手によって1本1本手作業で植えられた。

11月11日に最後の1本が植えられたあとは、1本25ポンドで販売されている。売り上げの10%はチャリティ活動に使われるという。
(R25編集部)

一面に広がる88万8246本のポピーはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

原爆の日 黙祷ツイートに賛否両論
「零戦飛ばそう」クラウド展開中
ポピー大発生は気候変動が原因って本当!?
原爆体験談のweb漫画 英語版へ
シドニーでエヴァの世界が現実に?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP