体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[Interview] あなたのファッションセンスを人工知能が学習 スタイリストアプリ『SENSY』

デジタル・IT
sensy4

ファッション系のお買い物アプリは、市場に溢れている。そこで今、慶応義塾大学と千葉大学の共同研究開発で、ユーザーのファッションセンスを学習する最先端の人工知能テクノロジーを搭載したアプリ、『SENSY』が話題になっているのをご存知だろうか?

BEAMSやLOWRYS FARMなど国内外あわせて1,600以上の人気ブランドと提携しており、いつものお気に入りブランドのコレクションの中から、人工知能テクノロジーで分析された、自分のセンスに合ったアイテムを購入できる。

カラフル・ボードの渡辺 祐樹(わたなべ ゆうき)代表取締役CEOに話を聞いた。

■あなたのファッションセンスを人工知能が学習

Q、ずばり、人工知能ファッションアプリ『SENSY』とはどのようなサービスですか?

sensy3

「ファッションスタイリストアプリです。ファッションセンスという形のないものを人工知能がダイレクトに学習する技術を大学と共同で開発しました。

『SENSY』は、この技術を用いてユーザーの好みを理解し、世界中からファッションアイテムを探してくる、まるで専属スタイリストロボットのようなアプリです。」

Q、そもそも、どのような経緯でこのサービスを始める事になったのでしょうか?御社の設立のきっかけと、このサービスに発展した経歴と共に教えてください。

「アパレル業界の抱える課題を解決したいという想いから、2011年に会社設立しました。

「私がコンサルティングファームに勤務している際に、アパレル業界は、ものづくりとマーケティングに非効率な点が多く、テクノロジーの力でイノベーションを起こせる可能性が大きいと感じていました。

特に、いまインターネット上には無数のファッションアイテムが溢れかえってきており、新しいマーケティングのあり方が求められています。

そこで、私自信も大学で研究していた人工知能技術を用いて、ヒトとモノ(ファッション)の新しい出会い方を提案できるのではと思い、『SENSY』を考えました。」

Q、洋服の買い物にも、人工知能テクノロジーを駆使する時代になったのですね!センスを学習する最新の機能について、詳しく教えてください。

sensy2

「人工知能が、ユーザーのファッションセンスを様々な切り口で分析しています。

1 2次のページ
Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会