ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

熱愛報道翌日も同席の中田英寿氏と柴咲コウ お泊りはナシ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 その日の夜8時、東京屈指の高級住宅街に建つある写真家の家を、柴咲コウ(33才)が訪ねた。10分後、その家の前に停まった1台のタクシー。中から出てきたのは、中田英寿氏(37才)だった。

「ふたりにとって、その写真家は仕事を通じて旧知の仲だったそうで、彼のホームパーティーに招待されたそうです」(中田氏の知人)

 この日は『スポーツニッポン』で、柴咲と中田氏の熱愛が報じられた翌日のことだった。同紙によればふたりの交際はすでに1年。もともと、仲間を交えて食事に行くなど、仲のよい関係だったというが、昨年秋、ちょうどお互いがフリーのタイミングで、急接近したのだという。

 また同日、『スポーツ報知』も「真剣交際」と報じた。しかしその後、熱愛否定の報道が相次いだ。『日刊スポーツ』は「親しい友人の一人」と交際を全否定。『サンケイスポーツ』は「交際も今後の結婚も100%ない」と言い切った。

 こんな事態に陥った理由のひとつが、中田氏の交友関係の広さにある。“旅人”と名乗り世界を行ったり来たりする中田氏。これまで噂になった女性は米倉涼子(39才)、滝川クリステル(37才)、宮沢りえ(41才)、そして世界的女優のミラ・ジョヴォヴィッチ(38才)。

「でも、これだけ報じられても、“本命”といわれた女性はおらず、熱愛なのか友人なのか、そのたびに意見が分かれてきました」(テレビ関係者)

 柴咲とは確かにデートを繰り返してきた。この夏には、都内の3つ星レストランでディナー。また熱愛報道の1週間前には京都祇園にある予約のとれない料亭のカウンターで、肩を並べて座っていた。

 しかし一方で、別な女性との親密現場もあった。

証言1:「中田さんは、この熱愛が報じられる直前の10月末にも、別の大物女優と赤坂で舞台観劇デートをしているんですよね。その前には、宮沢さんと青山で寿司デートしていました」(別の中田の知人)

証言2:「春先の話ですが、江角マキコさん(47才)と歌舞伎座に来ていましたよ。尾上菊之助さんのこけら落とし公演を仲よく観劇していました」(居合わせた客)

 一方、10月中旬には、柴咲と小橋賢児(35才)との原宿デートもキャッチしている。

「小橋さんは今年の柴咲さんの誕生パーティーを企画したひとりで、男女の仲を超えた親友。ふたりきりで食事に行ったりショッピングしたりする仲ですが、彼女はサバサバした性格ですから、そんな男友達は何人もいますよ」(前出・テレビ関係者)

 聞けば聞くほど、柴咲と中田氏は単なる友達ではないのかという気がしてくる…。

 冒頭の夜、深夜12時半になると、中田氏は一足先にタクシーで都心の高級ホテルへ帰宅。その5分後、柴咲はすぐ近くにある自宅マンションまで、歩いて帰宅した。彼女を見送ることもなく、お泊まりもしない――つまりその理由は、やはり友達以上熱愛未満ということなのだろうか。

※女性セブン2014年12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
天海祐希と柴咲コウが深夜の麻布十番で「織田裕二対策会議」
柴咲コウとV6・三宅健に交際報道 柴咲のマンションでデート
柴咲コウとマイコ「同時のキャスティングはない」と広告関係者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP