ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

衛藤補佐官「嫌いな日本に来るな」放言 秘書が書いたと説明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 親分が親分なら、子分も子分である。安倍首相のフェイスブックへの支持者の低レベルな書き込みが物議を醸した。

 習近平氏と会談後の投稿に「臭金屁の醜男ッぷりを世界に晒すことができましたね」(11月10日)と書き込まれたり、11月2日には、朝日新聞「吉田調書」捏造を指摘した門田隆将氏の著書『狼の牙を折れ』(小学館)を紹介する投稿に、「朝日なんて便所の落書き程度です」「北京原人を射殺してください」などと書き込まれたりもした。

 だが、首相の「側近中の側近」を自任し、解散総選挙後には大臣ポスト有力といわれる衛藤晟一・首相補佐官のブログも“過激さ”ではひけをとらない。

 衛藤氏といえば、米国政府が首相の靖国神社参拝に「失望した」と声明を出したのに対し、「こっちこそ米国に失望した」という発言をYouTubeにアップして騒ぎを招いた御仁。自民党きってのタカ派で、特に中国批判派で知られる。

 安倍首相がAPEC(アジア太平洋経済協力会議)のために訪中する直前の10月末には、「日本は尖閣問題のように中国からいじめられている国のネットワークを作らなければならない」と中国の海洋進出に対抗する超党派の議員連盟を立ち上げ、フィリピンやベトナム、インドネシアの議員に連携を呼びかけた。

 ホームページの『えとうの報告』と題するブログでも、中国人への怒りを爆発させてきた。歌舞伎町の飲食店では、北京語が飛び交う店内に「いったい全体ここはどこの国だ」と苛立ち、上海語や広東語も混じってくるとついに噴火する。

<愛国心に火(?)がついて何となく腹立たしくなり、つい友人に「どうして嫌いな日本にこんなに大勢来るのか」といつになく厳しい口調で言葉を投げつけてしまった>(<>内はブログ引用、以下同)

 要は中国人に罵声を浴びせたことを誇っているのだ。ケンカの相手は中国人じゃなくてもいいらしい。ある日、道路の真ん中でピクリともしない男性を発見。「大丈夫ですか」と声をかけると、相手は「大丈ブイ、なんちゃって」と返してきた。

<それでも親切な私は「車道で寝ては危ないぞ」と心にもないことをやさしい口調で注意すると「余計なお世話だ。ここは交通量が少ないんだ。俺はそれを知って寝ているんだ」とほざきやがった。……。お前なんか引かれちまえ!>(原文ママ)

 他にも、集団的自衛権行使の必要性を理解しない有権者を「一国平和ボケ」と一刀両断するなど暴れん坊ぶりは止まらない。

 それにしても、首相補佐官の立場でこんな下品な本音を書くとは知性がなさすぎる。衛藤事務所にぶつけると、「ご指摘の箇所は秘書が書いたもので、衛藤の公式見解ではない。確かに本人の発言ならマズイと思いますが……」と弁解しきり。

「秘書が」といえば何でも許されると思うところが、またこの政権のレベルの低さなのだが。ちなみに「車にひかれる」は「引」ではなく「轢」ですよ。

※週刊ポスト2014年11月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ネットに登場の「中国人クズ番付」など中国の民意に迫った本
暴動や略奪が起きない日本に「人類最高の先進性」と中国人
中国人 日本のティッシュ・黒烏龍茶・ベビースターが好き

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP