ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年Q3のスマートウォッチ出荷シェア、MotorolaはMoto 360だけでシェア15%を獲得、Pebbleを抜いていきなり2位に(Canalys調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の調査会社 Canalys は、同社が公開した 2014 年 Q3(7 ~ 9 月)のウェアラブルバンド(スマートウォッチとそれ以外のベーシックバンド)の出荷台数に関する調査結果を基に、この時期に販売が開始された Android Wear スマートウォッチの中でも Motorola の Moto 360 が最もよく売れたとの見方を示しました。2014 年 Q3 のウェアラブルバンドの総出荷台数は 500 万台弱で、前の四半期から 37% 増加したそうです。スマートウォッチでは上図をご覧の通り、Motorolaがこの四半期だけで Pebble を上回る 15% のシェアを獲得しました。この数字に Moto ACTVはほとんど含まれていないでしょうから、シェア 15% はほぼ Moto 360のおかげになります。トップは依然として Samsung の 52% です。Moto 360 が発売されたのは 9 月 5 日で、特に北米での高い人気を得ています。それは、Google Play ストアの場合だと今でも再入荷してもすぐに売り切れるほどです。一方、フィットネストラッカーが属するベーシックバンド市場では、Fitbit と Jawbone がそれぞれ 1 位と 2 位。Garmin が今四半期で Nikeを抜き 3 位に浮上したとのことです。Source : Canalys


(juggly.cn)記事関連リンク
Vivo X5Maxの側面画像が公開、3.5mmジャックがギリギリといった感じ
OSメーカー Jolla、Sailfish OS 2.0を搭載した7.85インチタブレット「Jolla Tablet」を正式発表、IndieGoGoで資金を調達
Opera、スマートフォンのデータ通信量を抑制するAndroidアプリ「Opera Max」を日本のGoogle Playストアで公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP