ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OSメーカー Jolla、Sailfish OS 2.0を搭載した7.85インチタブレット「Jolla Tablet」を正式発表、IndieGoGoで資金を調達

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フィンランドのモバイル OS メーカー Jolla(ヨラ)は 11 月 19 日、同社提供の「Sailfish OS」を搭載した初のタブレット端末「Jolla Tablet」を正式に発表しました。Jolla は IndieGoGo を通じて資金を募るという端末メーカーでは稀なアプローチで販売を行います。Jolla Tablet は、7.85 インチ 2,048 × 1,536 ピクセル(330ppi)の IPS 液晶ディスプレイを搭載した iPad mini サイズの Sailfish OS タブレット。スペックはけっこう高いのですが、価格は $199(先着 1,000 名には $189 で販売)+送料 $20 とリーズナブル。Sailfish OS とは、MeeGo の開発を行っていた Nokia 社員らによって作成された Linux ベースのモバイル OS。美しい外観の UI とスワイプジェスチャーによるマルチタスク性の高さ、Android アプリをネイティブでサポートしているところが特徴です。Jolla Tablet にはバージョンアップした Sailfish OS 2.0 がプリインストールされます。基本スペックは、Intel Atom 1.8GHz クアッドコアプロセッサ(64bit 対応)、2GB RAM(LPDDR3)、32GB ROM(Micro SD カード対応)、背面に 500 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラ、4,300mAh バッテリーを搭載。ワイヤレス通信機能は Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、GPS / GLONASSに対応。筐体サイズは 203 x 137 x 8.3mm、質量は 384g。製品の設計はフィンランドで行われています。Jolla Tablet のラインアップは Wi-Fi モデルのみ。出荷開始時期は 2015 年 5 月。現在の配送可能国は EU 加盟国、ノルウェー、スイス、米国、インド、中国、香港、ロシア。Source : IndieGoGo


(juggly.cn)記事関連リンク
Opera、スマートフォンのデータ通信量を抑制するAndroidアプリ「Opera Max」を日本のGoogle Playストアで公開
SHIELD HubアプリのGRIDゲームサービスはSHIELD Portableでも利用可能
中国 Meizu、5.5インチ2Kディスプレイを搭載した「Meizu MX4 Pro」を正式発表、指紋センサーが追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP