ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アドビのエバンジェリストがFlash PlayerやAIRのスマートフォン対応などFlashプラットフォームの現状をアップデート

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Adobe Systems社 シニアプラットフォームエバンジェリストのSerge Jespers氏

アドビ システムズは7月27日、シニアプラットフォームエバンジェリストのSerge Jespers氏を招いて『Flash』プラットフォームの現状をアップデートする報道機関向けの説明会を開催。Flash Playerやアプリケーションの開発・実行環境『AIR』のスマートフォン対応など、最新の情報をデモを交えて紹介しました。

・スマートフォンに対応
Flash Playerの最新バージョンである10.1の目玉は、スマートフォンへの対応。Androidの最新バージョン2.2を搭載したGoogleのAndroidスマートフォン『Nexus One』を使って、ゲームコミュニティ『Kongregate』のFlashゲームや、ソニー・ピクチャーズの映画『ベスト・キッド』のスマートフォン用サイトで公開されているトレーラー動画を再生してみせました。Flashコンテンツはウェブページに埋め込んだ状態でもフルスクリーンでも再生できることをアピールしています。

これらサンプルはスマートフォン向けショーケースのサイト(http://m.flash.com)で公開中。Android 2.2にFlash Playerをインストールしたスマートフォンがなければ再生できないので、国内で販売されているスマートフォンでは見ることができませんが、Flash Player 10.1をインストールしたパソコンのブラウザからも確認できます。

10.1ではスマートフォンに特化したマルチタッチや加速度センサに対応したほか、メモリー使用量を前バージョンの半分程度に抑えているとのこと。電力消費やCPU消費についても抑えられるそうです。Androidのほかには、BlackBerry、Windows Phone、LiMo、MeeGo、Symbian OSでも今後対応が予定されています。

Android上でアプリケーションが動作する『AIR for Android』のデモも行われ、日本のクリエーター、タカヒロウ(宮澤卓宏)氏の『モアイまわし』などのゲームアプリが実演されました。Android用の『AIR』ランタイムはAndroid 2.2向けに、まもなくリリースされるそうです。

・ソーシャルメディアとの連携を図る『Flash Platform Services』
Flashコンテンツをソーシャルメディアと連携させる仕組みである『Flash Platform Services』についても解説。ウェブ会議システム『Acrobat Connect』の機能を追加する『コラボレーション』機能や、ミニブログ『Twitter』や『Facebook』などのSNS、ソーシャルブックマークなどを利用してコンテンツをプロモーションする『プロモーション』機能、ソーシャルメディアのIDによる認証を可能にする『ソーシャル』機能などがアドビの開発者向けサイト(http://www.adobe.com/devnet/flashplatform/services/)で提供されているそうです。

注目したいのが、アプリケーションを無料で試してから購入する“Try & Buy”を可能にする『ペイメント』の機能。Jespers氏によると「3行のコードでできる」というから驚きです。正式な発表を待ちたいと思います。

・5分で動くインタフェースが作れる『Flash Catalyst』
開発者向けオーサリングツール『Flash Catalyst』のデモも行われました。ここでは、デザイナーが『Photoshop』で作成したデザインをFlashサイトのインタフェースとして完成させるワークフローを想定。『Photoshop』のファイルを『Catalyst』に読み込んでボタンを配置したり、ボタンを押した後の遷移のアニメーションを付加したり、スクロールバーを付加する作業を実演しました。

「5分で作る」と宣言して開始したデモは残りわずか、ビデオコンテンツを付加するところでアプリケーションが落ちて終了してしまいましたが、デザイナーから受け取ったデザインを短時間でFlashコンテンツとして制作できることが印象に残りました。アプリケーションが落ちたのは「ビデオファイルが壊れていたのかもしれない」とのこと。

・HTML5にも言及
Jespers氏は、Flashの対抗馬として比較されるHTML5にも言及。「Flashは14年にわたって、毎リリースごとに新しいテクノロジーとフィーチャーをウェブに提供してきた」と自信を見せます。「現在のHTML5は、Flash Playerのバージョンで言えば5か6ぐらい」と、現状ではHTML5の機能はFlashに及ばないことを強調していました。

■関連記事
新技術と最新事例のショーケース『Adobe FLASH PLATFORM CAMP Tokyo』レポート
【FLASH PLATFORM CAMP】もうすぐリリースの『Flash CS5』にはこんな新機能が登場
【Adobe CS5】より使いやすくより易しく『Flash Professional CS5』はクリエーターの未来を開く
iPhoneアプリ書き出しがダメならAndroidだ! FlashゲームをAndroidアプリに移植したクリエーター
アドビのAndroidキャンペーン始まる!? 「iPhoneアプリを10分でAndroidアプリにできる」

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。