ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

市井紗耶香、鍼灸専門学校オープンキャンパスで釜本邦茂とトークショー&体験イベントに出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月8日に中野健康医療専門学校の特別講師に就任した元モーニング娘。の市井紗耶香。10月のオープンキャンパスに続き、12月7日(日)のオープンキャンパスに再登場することが分かった。

テレビなどで活躍中の市井だが、実はアロマセラピーアドバイザーの有資格者。今回のトークショーでは、メキシコオリンピック銅メダリスト&得点王の釜本邦茂氏、同校学校長で現役の開業鍼灸師でもあり、かつ日本鍼灸師会の副会長として活躍する小松秀人氏と共に2020年の東京オリンピックサッカーメダル獲得に向けたトークを繰り広げる。

アロマセラピーアドバイザーの有資格者である市井、監督経験もある釜本氏、そしてカリスマ鍼灸師の小松学校長が、それぞれ日本代表の監督、専属セラピスト、専属トレーナーに就任したと仮定し、メダル獲得の秘策と提言を展開するトークショー。釜本氏にはメキシコオリンピックで獲得した銅メダルを披露していただく予定で、市井は試合前の精神高揚と試合後の鎮静効果を狙った市井紗耶香推奨のアロマグッズを紹介する。

そして、体験イベントでは小松学校長が、釜本氏と市井の姿勢バランスを診断。関節の左右非対称の部分をひとつのツボでバランスを整える。その他にも、じゃんけん大会を実施し、釜本氏や市井の直筆サイン、同校の「入学金免除券」チケットなどユニークでお得な景品も用意しているそうだ。なお、今回のイベントも地元商店街「中野南口駅前商店街」が後援している。

■中野南口駅前商店街
http://www.nakano373ekimae.jp/

【イベント概要】
日時:12月7日(日)13:00〜16:00(12時半受付開始)
場所:中野健康医療専門学校 オープンキャンパス (東京都中野区中野2-20-3)
募集人数:先着50名様(予約された方には予約特典あり。予約がなくても入場可能。)
予約方法:
(1)学校HP( http://www.nki.ac.jp/ )の専用フォームより申込み
(2)電話(TEL.0120-997-790)担当:岩佐ゆかりまで
※天候及び災害・伝染病感染などのやむを得ない事情により中止する場合がございます。
※開催内容に変更が出る可能性がございます。
※当日は未就学児のご入場はできませんので予めご了承ください。
※アロマテラピー(仏語)とアロマセラピー(英語)は言語の違いで同義になります。本来市井紗耶香さんの取得している資格は「アロマテラピーアドバイザー」ですが、当校の都合にて本文中は全て「アロマセラピー」に統一させていただいております。

【市井紗耶香 PROFILE】
1983年12月生まれ。千葉県船橋市出身。1998年、矢口真里、保田圭と共にモーニング娘。第2期メンバーとして14歳で加入。同年、モーニング娘。として「第40回日本レコード大賞」最優秀新人賞受賞、「第49回NHK紅白歌合戦」初出場。翌年、保田圭、後藤真希と共にモーニング娘。内の2つ目のユニットとなるプッチモニを結成。デビュー曲「ちょこっとLOVE」がミリオンセラーとなる。9年前の出産時にアロマと出会い有資格者に。現在は、タレントとして活躍しながら、3児のママとして子育てに奮闘中。AEAJ日本アロマ環境協会アロマテラピーアドバイザー有資格者。

【釜本邦茂 PROFILE】
1944年4月生まれ。京都府京都市出身。日本代表では、1968年のメキシコオリンピックで得点王に輝くと共に銅メダルを獲得。国際Aマッチ通算75点(JFA認定)は、三浦知良の55点を引き離してダントツのトップ。現役を引退後は、ガンバ大阪の初代監督も努める。テレビや各種イベントでも活躍中。

【中野健康医療専門学校について】
新卒合格率100%を達成。同校では、国家試験合格をあくまでスタート地点として考え、その先の独立開業を見据えた教育方針を徹底。そうした意識の高さが講師陣やカリキュラムまで息づき学生のモチベーション向上に寄与。結果として、国家試験の高い合格率につながっています。また、日本鍼灸師会の副会長でもある本校の学校長の小松は、現役開業鍼灸師として35年の実績。学校長が現役の開業鍼灸師として活躍する日本唯一の鍼灸専門学校として、卒業後の開業支援を徹底しています。

学校法人 嘉榮学園 中野健康医療専門学校 
東京都中野区中野2-20-3
http://www.nki.ac.jp/

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
市井紗耶香 オフィシャルブログ
市井紗耶香 オフィシャルHP

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP