ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「国民を甘やかすことになる」消費税引き上げを主張する財務官僚たちへの怒号と罵声が炸裂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

産経新聞などが報じたところによると、かねてよりその実施が噂されていた来年10月の消費税10%への再引上げについて、財務省の官僚たちが与党・自民党の代議士相手に「執拗な根回し」を行っていたことが発覚、物議を醸している。

長引く不況の中、今年は消費税が8%へ引上げられたことで、この「再引上げ」については、与党・自民党内からも慎重論が相次いでいた。そんな中、安倍首相は18日、消費再増税時期を2015年10月から2017年4月へ延期することと、衆院解散を表明したわけだが、その背景に、財務省側が来年10月からの引上げに固執し、財務官僚たちが慎重派代議士の元を訪れては「社会保障費が膨れ上がる中、消費税率がこんなに低いのは、国民を甘やかすことになる。経済が厳しくても10%に上げるべきだ」(産経新聞)などと「上から目線の主張」を繰り返していたことが一部で報じられたのだ。

こうした「暴走」する財務官僚たちの言動について、ネット上からは「どういう神経してるんだろうね?」「自分らの数は減らさずに国民にのみ負担を強いるとか」「どこの貴族だよwww」「税率が増えれば自分らの懐は安泰という風潮」「官僚削減に向かうべきだな」「次の選挙は官僚削りを主張して実行できる党に勝たせよう」「ひとまず官僚の給料を10%削れよ」といった怒りの声が噴出。久々に大規模な官僚批判の波へと発展しつつある。

一部報道によると、安倍首相が衆院解散・総選挙を決意した遠因とされているこの「財務官僚によるゴリ押し増税」、果たしてどのような展開を迎えるのか、今後の流れが注目されている。

文・山沖和彦Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP