ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なか卯の「呑み卯」 老舗居酒屋と比べて遜色ないとの評価も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 外食チェーンでの「ちょい飲み」がブームとなっているが、店内は明るく清潔で、居酒屋よりも健康的な印象のある外食店での「ちょい飲み」は女性客の心も掴んでいる。

 酒好きの女性が酒場を訪ね歩く人気番組『おんな酒場放浪記』(土曜日23時~、BS-TBS)に出演中のモデル・倉本康子さんが、「なか卯」が展開する居酒屋スペース「呑み卯」を訪れ、その魅力を語った。

 丼ものと京風うどんの「なか卯」神田神保町店では、今年8月から17時以降に店舗の2階を「呑み卯」として営業している。今後こうした店舗を増やしていくという。

 同店2階の壁には「生ビール(300円)」「牛すじ煮込み(300円)」といったメニューが貼り出されている。人気の「ちょい呑みセット(1000円)」は生ビールの中ジョッキに牛すじ煮込み、先付け3点セット、フライドポテト、小鉢という組み合わせだ。

「これはお得ですね!」

 酒好きを公言し、BS番組で数々の酒場を訪ね歩いてきた倉本さんも歓喜の声を上げる。牛すじ煮込みを一口食べてこう語った。

「煮込みが看板メニューの老舗居酒屋によく行きますけど、そういったお店と比べても遜色ない味です」

 晩酌は欠かさない倉本さんのスタイルは外食チェーンでの「ちょい飲み」にもマッチする。

「仕事柄、夜遅くにしか飲みに行く時間がない日が多いです。一人での『ちょい飲み』は自分のペースで飲んで帰れるところがいいですね。

 一口ビールを飲むと心が完全にオフモードになります。やっぱり1杯は飲まないと一日が終わらないですよね! 呑み卯の生は発泡酒ではなくビールなのが素晴らしいです。まぁ、3杯目くらいからは違いが分からなくなりますけど(笑い)」

 取材中、「明日は4時起きだからあんまり飲めない……」と残念そうだった倉本さんは、「ちょい呑みセット」を完食して帰路についた。前後の予定に合わせて酒量や滞在時間を柔軟に変えられるところも、こうした店舗の魅力なのだ。

◆倉本康子(くらもと・やすこ):1974年東京都生まれ。ファッションモデル、インテリアモデルとして活躍。新著『40歳、進化する私のスタイル』(宝島社刊)、『「オシャレ」はクローゼットから!85のルール』(幻冬舎刊)が話題となっている。

撮影■岩本朗

※週刊ポスト2014年11月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
繁盛する吉野家の「吉呑み」 牛丼店のマグロ刺身が旨い理由
神楽坂で全国の地ビール飲める店 樽生以外に瓶ビールも豊富
ピザにはちみつをかけるのはチーズとの相性抜群で意外に合う

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP