ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

植松晃士 仕事で「…けど」「…と思う」と話す人にイラつく

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、オバさんたちが美しく生きるためにアドバイス。今回のテーマは「話し方」です。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう! 米シカゴのGPシリーズ第1戦で町田樹さんが優勝。幸先よく、フィギュアスケートシーズンが始まりました。

 町田選手の演技はもちろん、インタビューにも注目しています。“氷上の哲学者”といわれるだけあって個性的だし、言葉遣いがとてもきれい。そして何より潔さが素晴らしい。

 というのも、かねてより私は、仕事の場面で「…けど…」「…と思う」と、あいまいな言葉を乱用する人を、快く思っていませんでした。

 つい先日も、ちょっとした失敗をしたスタッフに、原因を聞くと、「それは確かに私が悪いんですけど~」と言ったまま、黙り込んでしまったのです。

 思わず、「“けど”の続きは何? 子供じゃないんだから、きちんと最後まで説明しなさい!」と、少々声を荒らげてしまいました。

 スケジュールなど、事務連絡の確認で「…と思います」って言われるのも、イラッとします。

「思う、ってことは確信がないってこと? 仕事なんだからあいまいなままにしないで、もう一度、確認して」と、静かに念押ししますが、心の中では「あなたの思うことなんか聞いていませんっ。私が聞きたいのは事実だけ!」と毒づいています。

 仕事をはじめたばかりの経験の浅い20代のお嬢さんなら、仕方のない部分もありますよ。

 だけど中高年になっても、「でも~、だって~」なんて話し方をしていたら、それこそ知性を疑われます。

 それ以前に、こういうあいまいな思考回路に慣れてはだめなんですよ。一度身につくと、なかなか変えられません。悪しき習慣に気づいたら、今日、改めましょうね。

※女性セブン2014年11月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
優柔不断男 「魚か肉、どっちが食べたい」と迫られ涙ぐむ
くるくると変わるYURIの表情 やっぱりかわいいなあ、と思う
訪問先に持って行った手土産はいつ先方に渡すのが正解?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP